So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

父33回忌を終えて [たえの日記]

5月の連休中、父の33回忌がありました。
節目の法事は無事温和な中、終わることが出来ました。

そして数日後・・・父との思い出の場所をちょっぴり
ドライブしてきました。

立ち寄ったのは、父が良く遊びに連れて行ってくれていた公園の一つです。
DSC_1574.JPG
当時はジャングルジムなどもあったけど、
DSC_1566.JPG
今は遊具がこれだけでした。
DSC_1564.JPG
DSC_1571.JPG
そしてすぐ側にある、父が永年勤めていた会社。これはシンボルともいえる塔です。
DSC_1568.JPG
DSC_1576.JPG
DSC_1577.JPG
景気も良かった時代、工場では、夏には盆踊り大会などもあり、
私も毎年のように行きました。

父が亡くなったのは私がまだ中学生の頃でした。
子供思いだった父はで休日になれば私達(私と弟)をよく遊びに連れて行ってくれました。
とても温厚な人でしたので、、怒られた記憶もたった1度しかありません。
只、もしこの先も生きていたとすれば、それなりに衝突してしまうことも多くあったかもしれないので、
そういった意味では、良い思い出だけを多く残したままこの世を去る事が出来たのかもしれません。

あれから33年。
その間私は家庭を持ち、世の中では
様々な景色や状況が変わってしまいましたが
ふと時々生まれ育った街を歩いて見ると、無邪気で幸せだったあの頃に
ひと時だけ戻れる気がするのです。
DSC_1578.JPG






スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
タグ: 33回忌
nice!(37) 

御嶽のお蕎麦と檜原の釣り [たえの日記]

相変わらず、体調も良くないですが、昼間から横になってばかりいても体は良くならず、
GW前半、あまりに天気も良かったので、
アウトドアに出かけてみたほうが、気分転換になるかと思い、
旦那さん、そして子供達にも声をかけてみたら行く(行ってくれる)と言うので、
家族で近場に出かけてきました。

今回まずちょっと行ってみたかったのが、御嶽にあるお蕎麦屋さん”玉川屋”
御嶽駅から徒歩では3分ほど、青梅方面へ向かって左手の急な坂を上ってすぐの所にあります。
ちなみに私たちは車でそこへ行ったのですが、すぐにはわからず、
いったんは通りすぎてしまいました。

手打ちそば 玉川屋
設立は大正4年、かやぶき屋根づくりの民家風のとても趣のあるお蕎麦屋さんです。
DSC_1507.JPG
その昔、数多くの文豪たちがここで集っていたそうです。
又、故・俳優佐田啓二さんの一筆書きも飾ってありました。

この日注文したのは
岩茸の酢の物
DSC_1509.JPG
岩茸は標高1000m程の断崖、絶壁に生えていて、収穫も大変な幻の植物だそうです。
お酢はむせてしまいそうなほど効いていましたが、岩茸はコリコリとした感じで食感が良く、
”幻”と聞けば、なんだか食べれたことはとっても貴重な気がしてしまいます。

山菜そば
DSC_1511.JPG
かなりの時間待たされたのですが、
つゆは濃め、お蕎麦は至って普通な感じでした。
けれど店内の雰囲気はとても良く、美味しく頂くことが出来ました。
DSC_1512.JPG
DSC_1515.JPG

御嶽に行くなら少しそこで釣りをしたいと思っていたのですが(今の体調では)せいぜい1・2時間・・・
けれど旦那さんは御嶽では降りる場所もわからないし、短時間では無理・・とのことで、結局そこから
峠を越えて檜原の方に抜け、檜原でも山深い神戸園に向かいました。

DSC_1517.JPG
キャンプ場を兼ねたこじんまりとした釣堀です。
子供たちが小さい頃には家族やボーイスカウトで何度か訪れた場所で、
小さい子がいる家族連れ向きの場所ですが、結局は大人4人で又こちらに・・。
DSC_1518.JPG
ニジマスとヤマメ専用の池が1ヶ所づつありますが、私たちはほとんどの時間ヤマメの池で・・・
DSC_1519.JPGDSC_1529.JPG
家族連れが何組か来ていたし、フライの竿1本で交互で釣ることにしました。

結局二時間ほど滞在して釣れたのはヤマメ4匹とニジマス2匹の計6匹でした。
DSC_1532.JPGDSC_1535.JPG
ヤマメはその場で焼いてもらい、塩焼きにして食べました。
食べたヤマメ、身がふんわりと美味しかったです。
DSC_1541.JPG
神戸園では久しぶりにとっても静かなのんびりとした良い時間を過ごす事が出来ました。

そして帰り道では檜原では有名なちとせ屋で、豆腐ドーナツを購入。
DSC_1543.JPG
DSC_1544.JPG
おみやげ直売所では色々と特産物が売っていましたが、
DSC_1551.JPG
DSC_1547.JPGDSC_1548.JPGDSC_1549.JPGDSC_1550.JPG
檜原では時に名産の刺身こんにゃくと、100円のタケノコを買いました。

そこの駐車場から見た秋川渓谷
DSC_1545.JPGDSC_1546.JPGDSC_1552.JPG

そして家に帰ってからは、
ニジマスはムニエル、こんにゃくは酢味噌で、タケノコは煮つけにして食べました。
DSC_1553.JPGDSC_1554.JPG
DSC_1557.JPG












スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(50)  コメント(14) 

フジの花とたまごまる&羽生結弦Tシャツ [たえの日記]

今日(19日)はとても天気も良かったので、ちょっとぶらっと・・
今時期見頃のフジの花を見に行ってきました。
東京都天然記念物にも指定されている拝島公園のフジの花です。
蜜の甘さに引き寄せられてか、大きなクマバチが大量に飛んでいてちょっと怖かったですが、
フジの花は見事に咲いていて、とても綺麗でした。
DSC_1499.JPGDSC_1496.JPG
DSC_1493.JPG
DSC_1494.JPG
DSC_1497.JPGDSC_1498.JPG

DSC_1492.JPG
そして奥にある日吉神社では、参拝して御朱印を頂いてきました。
DSC_1503.JPG
限定フジの花バージョンの御朱印、とてもかわいいです。

帰りがてら、地元では名の知れたパン屋さんピッコロに寄ってたまごまるを購入。
見た目はマルボロが大きくなったような市のフードグランプリ金賞受賞作。
食べてみると・・しっとりとふわっとが混合したような食べたことのない食感。
卵には多摩卵(たまらん)というブランド卵を使用していて黄身の濃厚さがあり、とってもおいしい[わーい(嬉しい顔)]
5月に新宿で開催される”極鮮TOKYO”にも出品されるようなので、食べてみたい方は
是非、お出かけの際には買ってみて下さいね。
DSC_1504.JPGIMG_20180419_0002.jpg
東京発!物産・逸品見本市
極鮮TOKYO
新宿駅西口広場イベントコーナーにて
5月16日(水)・17日(木)・18日(金)に開催

ところで最後にもう一つ、今日は本当はかなり前から、現在日本橋高島屋で行われている
羽生結弦展行くつもりでいたのですが、体調が良くないので行けませんでした。
その代り、先日某オークションでこれ買っちゃいました^^
羽生結弦Tシャツです。
    ↓
DSC_1490.JPG
何でも今度の日曜日(22日)に宮城・仙台で行われる、
パレード応援に向けて作られたTシャツだそうです。
開催されるパレードは、NHKでも放送されるそうですので、たくさんの人たちがこれを着ていそうです。
私は、何とか体調を回復させ、8月に横浜高島屋で開催される羽生結弦展にこれを着て
行きたいです[ぴかぴか(新しい)]



スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(46)  コメント(12) 

この頃の私と漢方薬 [たえの日記]

ここのところ体調不良です。
かねて前よりあった息苦しさや動悸に加え、最近ははめまいまで・・・。

もともと持病の心臓病のせいかと思いきやそうでもなくて、かといって逆流性食道炎や喘息、
とも言われ薬を飲んだものの、一向に良くならず・・・。
内科では結局なんだかわからないそうなので、ここの所は違う観点から考えてみようと
整形外科に行ったり漢方薬局に行ったりしています。

陽気も良くなり出かけてみたいと思いながらも、実際の所は仕事と病院を行ったり来たり、
そしてあとは少し家で横になるかの毎日・・・。
つい先日行った漢方薬局で処方してもらったのは
帰脾湯(きひとう)と香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)を調合した漢方と
晶三仙という栄養補助食品でした。
DSC_1487.JPG
晶三仙というのは、薬ではなくって、山査子(さんざし)・麦芽(ばくが)・神麹(しんきく)を
含んだ栄養補助食品だそうで、例えば食べ過ぎ飲みすぎ・脂っこいものを良く食べる・甘党の人などに
おすすめの、トリプルパワーで消火分解を助け脾胃(胃腸を含む消火器全般)を守ってくれる
安心な食品だそうです

まあ、どちらも飲んでみて1週間ほどたちますが、あまり体調は良くなった感はありませんが・・。
いつになったら良くなるんだろうな・・。

今までの睡眠不足と疲れがここへきてどっと出てきた感じはするのですが、
はっきりとした理由があるわけでもなく・・・いわゆる未病?
自分としてもそういったものだったら(というか基本)薬はできるだけ飲みたくないんですけど、
やはり早く良くなりたい思いがあってどうしても薬に頼ってしまいます・・・。
けれど、安心だと言われている漢方薬にも実はかなりの副作用があって、
その中でも一般的な生薬である甘草(かんぞう)。8割程の漢方には含まれていて、
今回貰った漢方の中にも含まれているのですが、摂取しすぎるとまれに重篤な病気
(偽性アルドステロン症やミオパチー)を引き起こすことがあるので特に注意が必要なのだそうですね。
少し副作用に関する文献を見ていたら、興味深いものがありました。
甘草(粉末やエキス)は私たちが普段何気なく摂取している食品添加物(味噌、醤油、漬物、ふりかけ、
佃煮、塩辛、スナック菓子など)にも含まれている訳なのですが、
例として、味付けのりを半年間毎日10袋、又は仁丹を多量に長期服用していて
偽アルドステロン症を発症した症例などもあるそうです。
そういったことからも、無知で多量に薬やそういった食品を摂取し続けるのは怖いことだと思いました。
なので特に漢方(薬)を服用する際には、少しでもそのような知識を知っておくことが大事だと思います。
基本、薬にはあまり頼りすぎず、少しずつでも体を動かして健康になりたいものですが・・・。

話は変わりますが、先日仕事に行く途中、草むらでとても綺麗な蛾を見つけました。
ちょっぴり気持ち悪かったですが、あまりにも綺麗だったので、写真に収めてしまいました…。
DSC_1485.JPG













スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(43)  コメント(14) 

春の食Ⅲ(わらび) [たえの日記]

知り合いの方からわらびを頂きました。
DSC_1480.JPG
なので(たしか初めて)調理をしてみようと、まずは下ごしらえ。
あく抜きは沸騰したお湯に小さじ1杯ほどの重曹を入れ、そこにわらびを投入し火を止める。
そして一晩おいておく。
実際にやってみると・・・
DSC_1481.JPG
一晩でだいぶ色が抜け、あく抜きできたようになりました。
そして半分ずつ使用。
半分は炒め煮
DSC_1482.JPG
あと半分は天ぷらに。
DSC_1483.JPG
炒め煮は火を通しすぎてしまったようで、だいぶ柔らかくなってしまいましたが、
天ぷらはちょうど良い食感でした。
どちらも春の山菜の良い風味が楽しめて、美味しかったです[わーい(嬉しい顔)]

スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(48)  コメント(10) 

映画ちはやふるー結びー [映画、ロケ地]

映画ちはやふるー結びー観てきました。
2016年に公開された<上の句><下の句>に続く第3作目。
高校3年最後の全国大会を目指す、瑞沢高校かるた部の忘れられない夏が描かれています。

ーSTORY-
いつも一緒に遊んでいた、幼馴染の千早、太一、新。
新が家の事情で引っ越してしまい、離れ離れになってしまうが、高校生になった千早は、
新にもう一度会いたい一心で、太一と共に仲間を集め、瑞沢高校かるた部を作った。
創立一年目にして、全国大会に出場した瑞沢高校かるた部だったが、
千早は個人戦で史上最強のクイーン詩暢(松岡茉優)に敗れ、更に強くなることを部員たちに誓った。

あれから2年。かるたから離れていた新だったが、千早たちの情熱に触れ、
自分も高校でかるた部を作って全国大会で千早と戦う事を決意する。
一方新入部員が入り、高校3年最後の全国大会を目指す瑞沢高校かるた部だったが、
予選を前に突然、部長の太一が辞めてしまう。動揺と悲しみを隠せない千早。
一方太一は、受験に専念するため退部したものの、かるたを辞められず、
以前近江神宮で行われた名人位戦で、千早たちの師匠である原田を破り
史上5人目の永世名人となった周防との出会いをきっかけに、彼の弟子になる。
離れ離れになってしまった千早、太一、新・・・高校最後の全国大会・・・
果たして彼らは再びかるたで繋がることが出来るのか…?
(映画パンフレットより参照)

また、今回も様々な百人一首の歌が登場します。
ー結ーでkeyとなる歌
「戀(こい)すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思いそめしか」(壬生忠見)
”隠していたつもりなのに、片思いの噂が立ってしまった”という名歌”

「風そよぐ楢の小川の夕ぐれは みそぎぞ夏のしるしなりける」(従二位家隆)
”秋の気配が漂ってきたことを歌った名歌”夏祭りの最中に吹く風に秋を感じたことを歌っている

「ほととぎす鳴きつる方を眺むれば ただ有明の月ぞ残れる」(後徳大寺左大臣)
”ほととぎすが鳴いている方を眺めるが、ほととぎすの姿は見えず、ただ明け方の月が淡く空に残っているばかりだった”という初夏が訪れたことを表した代表的な歌のひとつ


IMG_20180320_0001.jpg
現在公開中

キャスト
綾瀬千早 広瀬すず
真島太一 野村周平
綿谷新 新田真剣佑
大江奏 上白石萌音
西田優征 矢本悠馬
駒野勉 森永悠希
花野菫 優希美青
筑波秋博 佐野勇斗
我妻伊織 清原果耶
須藤暁人 清水尋也
若宮詩暢 松岡茉優
周防久志 賀来賢人
宮内妙子 松田美由紀
原田秀雄 国村隼

原作末次由紀
監督小泉徳宏

主題歌Perfume「無限未来」

ーちはやふるの聖地 府中ー
2年前、ちはやふるの公開が決まり、私がまず訪れたのは、ちはやふるの聖地・府中にある
郷土博物館で開催されたちはやふる展でした。
それ以来何度か府中の聖地探訪をし、私の生まれた街であるという懐かしさと同時に、
ちはやふるへの想いが募っていきました。
以下ちはやふるに関する過去記事になります。
http://tae-diary.blog.so-net.ne.jp/2015-12-02(ちはやふる展)
http://tae-diary.blog.so-net.ne.jp/2015-12-28 (PART1)(上の句鑑賞)
http://tae-diary.blog.so-net.ne.jp/2016-04-06 (PART2)
http://tae-diary.blog.so-net.ne.jp/2016-04-09 (PART3)
http://tae-diary.blog.so-net.ne.jp/2016-05-10 (下の句鑑賞)
http://tae-diary.blog.so-net.ne.jp/2016-07-12 (府中探訪)

そして今回、3作目にして早くも完結編・・ということで、
何か映画と共に呼び戻せたような青春?が、あっという間に
散ってしまうような一抹の寂しさがありますが、
この2年、ちはやふるには、たくさんの元気とキュンとした気持ちをもらいました。
千早、太一、新....ちはやふる、ありがとうー[ハートたち(複数ハート)]
Ps...ちはやふる”その後(名人戦?)”を密かに期待しています...









スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(42)  コメント(4) 

映画グレイテスト・ショーマン [映画、ロケ地]

映画グレイテスト・ショーマン観てきました。
IMG_20180311_0002.jpg

STORY
空想家のP・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)は貧しいながらも妻チャリティ(ミシェル・ウイリアムズ)
と子供達との生活を送っていた。
だがバーナムは、そんな現状を大きく変え、家族ももっと幸せにしたい思いが強く、何もないところから
アイデアと野心でショービジネスを始める事を試みて、劇場を作り上げる。
そこに集められた劇団員は、何らかの事情を抱えた社会の中でひっそりと生きている人々だった。
余りにも型破りなショーに、周囲からの批判も多く、うまくは進まない中、
相棒フィリップ(ザック・エフロン)の協力もあり、
女王や美しいオペラ歌手ジェニー(レベッカ・ファーガソン)との出会いを通し、
ショービジネスはいつしか成功へと導かれた。
だがバーナムは次第にジェニーとの公演に夢中になり、家族の意見や自分が作り上げた
劇場に見向きもしなくなっていた。そんな中、ある事をきっかけにふと我に返る。
でも気づいた時にはある事件が起こる。
そして一方、フィリップと劇団員の一人であるアン(ゼンデイア)
ずっとお互いに恋心を抱きながらも敵う事のなかった恋。
その行方にも変化が起きる[揺れるハート]

ミュージカル調に進んでいく本作、始めはあまりSTORYを感じる事をできないまま、
時間が絶っていたのですが、徐々にSTORYと数々の音楽に惹きこまれていきました。
数々な楽曲がそれぞれにとても良いですが、
特に今回、先日のオリンピックエキシビジョンの最後の曲としても使用されていた楽曲「This Is Me」、
アカデミー賞ではノミネートされながら惜しくも受賞作には至りませんでしたが、
とても力強く、パワー溢れる曲でした。
一部歌詞日本語訳ををあげると

”私は勇敢だけど
傷つくし、あざもある
それがありのままの自分で
これこそが本当の私なの
さあ、私の登場よ
私は我が道を歩んでる
見られることも怖くない
悪いとは全く思ってないわ
これこそが私だから”
この歌のメッセージはありのままの自分で生きようという事らしいです。
とても心に響く曲と歌詞でもありました。
グレイテスト・ショーマン、元気がもらえる2018年最初の私のおすすめ映画です。

ちなみに先日行われたカデミー賞授賞式、作品賞はシェイプ・オブ・ウォーター(公開中)
IMG_20180311_0001.jpg
(映画パンフレットより)
作曲賞はリメンバーミー(3月16日より公開)でした。
IMG_20180312_0001.jpg
(シネコンより)
これらもとても楽しめそうな作品です。




スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(46)  コメント(2) 

平昌オリンピック報告会in六本木・東京ミッドタウン(大画面ビジョンから) [たえの日記]

17日間に渡る平昌オリンピック、選手たちの活躍は目覚ましいものでした。
メダルの数も金4個、銀5個、銅5個と快挙を成し遂げましたね。
日本中の興奮も収まらぬ中、先日27日には、東京六本木にあるミッドタウンで
選手たちの報告会があり、一般の人も観覧できるというので、
私は仕事が休みの日であったので、急遽出かけてみる事にしました。

会場は東京ミッドタウンキャノピー・スクエア
DSC_1413.JPGDSC_1418.JPG
開始は10時半。予定では1時間ほど前に着くはずだったのですが、だいぶ遅れてしまい…
着いたのは40分ほど前。
DSC_1414.JPG
もうすでに会場は多くの人で埋まっていて、私は⑥エリアという事で、
ステージからはだいぶ離れていた場所だったため、大画面からでしか選手の顔は確認できず、
そこから必死に画面上の写真を撮る事になりました。
まず登場したのは進行役の松岡修三さん
DSC_1422.JPG
そして各種目ごとの選手陣
(他選手人たち紹介していきますが、大勢の手やカメラが写りこんでいるうえ、
とても見にくい写真になってしまっていますがご了承ください。尚、少しでも見やすくするため、
かなりのトリミング施しています)

スキージャンプ
高梨沙羅選手
DSC_1432.JPG
スノーボードハーフパイプ
平野歩夢選手
DSC_1436.JPG
DSC_1437.JPG
DSC_1441.JPG
小平奈緒選手
DSC_1442.JPG
高木美帆選手
DSC_1443.JPG
高木菜那選手
DSC_1444.JPG
DSC_1446.JPG
宇野昌磨選手
DSC_1449.JPG
そして最後に羽生結弦選手
DSC_1453.JPG
え~~[もうやだ~(悲しい顔)]
特に大好きな羽生選手・・・画像が悪すぎ。
本当はもっともっとかっこ良くてかわいいだろうにな~[揺れるハート]
選手の皆さんとともにその場に一緒に居れたことは嬉しかったですが、
出来ればもっと側で生で見て、声も聞きたかった~~

後の報道で知ったのですが、この日会場に訪れたのは約5000人程との事でした。
全体的に狭く、どちらかと言えば縦に長い会場。
松岡修三さんと選手たちのトークも面白く、かなり前方では盛り上がっていたのですが、
奥の方までそのやりとりもほとんど届く事もなかったです[もうやだ~(悲しい顔)]

2年前、夏のオリンピックでは銀座では大々的なパレードを行ったものの、
選手の疲れや寒さを考慮して、今回はその代わりにここで報告会を開いたそうなのですが、
あまりにも場所が狭かったことや、せめて後ろにもスピーカーの設置するなど工夫をしてくれれば
もう少し、後方も人も選手陣と一体になって楽しめたのかなぁ・・と後になってふとそんな気もしました。

最後に、入れなかった場所がほぼ解禁になり、唯一間近で見れて写真が撮れたのは
DSC_1465.JPG
テレビよりはかっこ良くて見えて、思っていた以上に背が高くスマートな松岡修三さん。
こちらは意外に結構な人気[ぴかぴか(新しい)]でした。


次回2年後の東京オリンピック、早くも羽生選手が、聖火ランナーの候補に上がるのでは、
との話題(スポーツ報知より)が・・・。
もしそうなったら是非、今度は羽生選手初め他の選手も側で見てみたいです[ぴかぴか(新しい)]















スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(45)  コメント(6) 

美術鑑賞(東山魁夷)と道の駅”滝山” [たえの日記]

今年に入って初めての美術鑑賞は八王子にある東京富士美術館で開催されている東山魁夷展。
DSC_1402.JPG
東京富士美術館に行ったのは初めて
わりと田舎の方だし、平日で、空いているだろうと思っていたらとんでもなく混んでいました。
創価学会が運営している美術館ということなので、その関連の人たちなのか、人の多さにびっくり。

東山魁夷(ひがしやまかいい)展
DSC_1396.JPG

東山魁夷の絵は風景画が主で、人が現れることはなく
緑や青の色遣いが多く、どこか心を落ち着かせてくれるような絵画。
中でも有名な、1972年に描かれた(上下の)「緑響く」を含めた18作には
すべて幻想の白い馬が登場し、雄大な景色の中にその存在が際立っています。
それは自分自身を反映している姿ともいわれ、白馬はとても生き生きと描かれています。

戦中戦後の苦難の時代を経て、風景の美しさに触れ、独自の自然観を抒情性豊かに描いた
見る程に魅了される絵画の数々・・・
yjimage.jpg
yjimageYLUNG2T3.jpg
yahoo画像より引用
yjimage.jpg
書籍「青の風景」より

今回東京富士美術館ではヨーロッパ、北欧風景、京洛四季、白馬の見える風景シリーズなど
合計約80点を展示しているのだそうです。
東山魁夷展
東京八王子、東京富士美術館にて3月4日(日)まで開催中


その後は途中にある道の駅”滝山”に立ち寄り
DSC_1403.JPG
昼食に滝山うどんを食べました。
DSC_1406.JPG
ここ道の駅”滝山”は東京では唯一の道の駅。
今回私が私が写真に収めたのは1枚”またもや卵”だけでしたが、
他にも農家の自家製野菜やお土産品などかわいらしいものが豊富にそろっていました。
DSC_1404.JPG









スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(41)  コメント(6) 

外食(かきラーメン)と誕生日プレゼント [たえの日記]

先日の外食は昨年夏にも行った揚州商人。
冬限定のメニューがとても気になっていて、又行ってみました。
DSC_1382.JPG
組み合わせが微妙・・なので最後まで注文しようかどうしようか迷っていたものの、
勇気を出して?食べてみる事に・・。
それがこれ…冬季限定冬かきラーメンです。
DSC_1384.JPG
事前にチラシで目にして、スープはすごく磯の香りがするのかと思っていたらそうでもなかった。
けれど、磯とは違う深みがあって、美味しかったです。
でも、肝心なかきはだいぶ残念でした。
鮮度、大きさ(ふっくら感)もいまいち。
ラーメンにかき、という微妙な組み合わせ、
そして値段もラーメンとしては少し高め(990円)だったので、
数は少なくても、せめて新鮮さと大きさ(ふっくら感)が欲しかった、というのが
私なりの感想でした。


他に注文したのは海老の小龍包。
こちらは肉汁もたっぷり。
DSC_1385.JPG
そして杏仁豆腐。
DSC_1386.JPG
こちらは程よい杏仁の香りと甘み。
どちらも美味しく頂く事が出来ました。

そして翌日は私の〇〇回目の誕生日[ぴかぴか(新しい)]
息子から予想もしていなかった誕生日プレゼント。
DSC_1387.JPG
とても嬉しかったです^^

そして旦那さんからはチーズケーキ。
DSC_1389.JPG
こちらはしっとりした食感で、とてもおいしく頂く事ができました[わーい(嬉しい顔)]



スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(50)  コメント(27) 
前の10件 | -