So-net無料ブログ作成

みずほ雛の春まつり [たえの日記]

東京 瑞穂(みずほ)町で開催されている雛の春まつりに行ってきました。

場所は隣接している2か所
NCM_0394.JPG
けやき館と
NCM_0395.JPG
耕心館
ちなみに耕心館は江戸末期に建てられた豪農の屋敷を改装した建築物であり、
コンサートや展覧会など様々なイベントが開催されています。

けやき館での雛祭り展
色々な時代の雛人形が展示され、歴史なども紹介されています。
NCM_0388.JPG
御殿飾り(昭和35年)
御殿は三棟に分かれ、屋根が二層になっているなど複雑で精巧な作り

NCM_0392.JPG
団地雛(昭和40年)
木彫りの人形に刻み目を付け、それに綿・綾・縮緬などの切れの端を挟み込んで貼り、
衣装とした人形。

NCM_0390.JPG
段飾り(昭和43年頃)
昭和40年頃になると、御殿飾りよりも段飾りが一般的になり、初節句として娘の誕生を祝い五段や七段などの段飾りが部屋に飾られるようになりました。

耕心館でのつるし飾り展
(つるし飾りとは)
ひな祭りの際に、ひな壇の両脇に着物や帯の布で作ったお飾りを、
赤い糸でつるすという、伊豆の稲取に江戸時代から伝わる風習。
つるし飾りは、九州柳川地区では「さげもん」、山形酒田地区では「傘福」、伊豆稲取地区では「雛のつるし飾り」と呼ばれ、この3地区のみが歴史的な背景、由来、文献など、つるし飾りの資料が現存しています。そのため、この3地区が「日本三大つるし飾り」と呼ばれています。
(耕心館「つるし飾り資料」より)

NCM_0406.JPG
NCM_0404.JPGNCM_0387.JPG
今年の干支にちなんだお猿さんたち

NCM_0386.JPG

ボランティアの方々が、伊豆の稲取りで講習を受けたうえ作られたようですが、細やか繊細にできていて、とてもかわいらしく素敵な作品ばかりでした。また、一つ一つのお飾りの大きさが揃うように土台の大きさを統一するなど、工夫がされているようで、作る事の大変さも伝わってきました。
ここには載せていませんが、「富有柿・東京紅」「お茶娘」「ひばり(瑞穂の鳥)」など
瑞穂町の名物をモチーフにした”瑞穂オリジナル”のお飾りがまた魅力です。


耕心館の中には、季節の花が咲く小庭や「スト-リア」という、趣のある喫茶店もあります。
今時期、小庭にはフクジュソウとセツブンソウの花が咲いていました。
NCM_0399.JPGNCM_0401.JPG
とてもかわいらしい花ですね。
(セツブンソウは、つい最近、他の方のブログを見ていて初めて知りました。
私の場合、バックの落ち葉も見事に映ってしまいました^^)

img005.jpg
今回耕心館事務所から発行されていたパンフレット
会期は3月7日(月)までです。












スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(55)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昼ドラPART2 [放送]

土曜日、昼から夕方にかけて都内に行く予定だったのですが、夕方から荒れた天気になるとかで、辞めにしました。ついでに東京駅まで出向き、KITEEやグランスタに寄ってこようとも思っていたので、それを記事にしようと思っていたのですが(東京駅をぶらぶらするのってなんだか楽しい)ちょっと残念。

・・・という事で、またまた続けてになってしまいましたが、今回も昼ドラについての記事を書いてみたいと思います。今回は、イメージに合った、昼ドラ、という事でしたね。
昼ドラのイメージ、と言えばドロドロ(女性が好む愛憎劇)。

その代表的、とも言えるのが2004年(平成16年)1月から放送された
「牡丹と薔薇」ではないでしょうか?
(主演 小沢真珠、大河内奈々子) 特に小沢真珠さんの演技は迫力ありました。
「牡丹じゃなくて豚よ!」「役立たずの豚!」そんなセリフも吐かれて、
余計にどぎつさを増していました。
牡丹と薔薇は、つい最近まで、「新・牡丹と薔薇」と題して、
(主演 黛英里佳、逢沢りな)でも放送されていて、話題になりました。
それを筆頭に、私がよく見ていた、特にドロドロ路線と思えた、
ここ15年程のドラマを挙げてみたいと思います。

2001年(平成13年)1月~女優・杏子(主演 荻野目慶子)
2001年(平成13年)10月~レッド(主演 遊井亮子)
2002年(平成14年)4月~真珠夫人(主演 横山めぐみ)
2003年(平成15年)10月~真実一路(主演 高岡早紀)
2005年(平成17年)4月~危険な関係(主演 高橋かおり)
2005年(平成17年)10月~緋の十字架(主演 西村和彦、つぐみ)
2011年(平成23年)1月~さくら心中(主演 苗木優子、徳山秀典)
2012年(平成24年)1月~鈴子の恋(主演 映見くらら、浅野ゆうこ)
2012年(平成24年)9月~赤い糸の女(主演 三倉茉菜)
2012年(平成24年)11月~幸せの時間(主演 田中美奈子)

とまあ、こんなところでしょうか。
特に私は、真珠夫人、危険な関係、真実一路、さくら心中、にはまっていましたね。
(おっと、危ない、あぶない)
ここでほんの少しだけ4作品のストーリーを書いてみたいと思います。

真珠夫人・・・菊池寛の小説がドラマ化されたもの
大正時代、男爵令嬢。敵の罠にはめられた父を救うため、泣く泣く卑しい高利貸しの妻となるが、
同じ貴族で恋人のため処女を貫きながら生きてゆくストーリー。

危険な関係・・・(フランス作家)コデルロス・ド・ラクロの小説がドラマ化されたもの
表の世界では賢夫人、裏の世界では、快楽に身を任せる悪女。
かつて愛した男との危険なゲームを始める。ヒロイン自らが滅びながらも、もがき苦しむストーリー。

真実一路・・・山本有三の小説がドラマ化されたもの(第3部中の3部のみ)
自分の心の中にある「真実」にこだわり続けた主人公の波乱万丈に富んだ人生、
そしてその周りの人々の人生の返還を描くストーリー

さくら心中・・・「酒造」の当主の娘と蔵人として入ってきた二人の純愛ストー-リー。
樹齢千年ともいわれる桜の木の下で運命的に出会い、ただ一度愛の契りを交わす。
そこから始まる震えて、揺れてるストーリー。
風光明媚な飛騨高山の街並みと造り酒屋が舞台。

昼ドラは、さくら心中や牡丹と薔薇など、中島史博さんが脚本を手掛けていることが多いですが、
何気なく見ていたもので、今回調べてみると、
以外にも有名な小説がドラマ化されたものが多い事がわかりました。

「幸せの時間」以降、どぎつさが社会問題にもなったこともあるせいか、
ここ数年は少し穏やかなストーリーになった気がしないでもないですが・・・。
さて、次回はここ数年のストーリーを挙げて、徐々に仕上げていきたいと思います。

(フジテレビサイト、Wikipedia参考)









スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(53)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昼ドラPART1 [放送]

以前予告?していた昼ドラについて、少し書いてみたいと思います。

(テレビ資料室参考)

昼ドラとは、フジテレビ制作要請を受け、
東海テレビが制作した月~金曜日1:30分から放送される番組。
今までに、1~213回、そして今回最終昼ドラが214回目です。
ちなみに、1~53回は15分番組、54回からは30分番組。
記念すべき第1回は、1964年(昭和39)5月から放送された「雪燃え」
主演は水野久美、葉山良二。と書かれていますが、
私が生まれる前なので、その俳優さんがどのような方なのかさえ記憶にありませんが、
それだけ歴史があるという事ですね。

私が昼ドラを見だしたのは、振り返ればいつ頃だったのか?

おおよそ、27年ぐらい前、1989年(昭和64年、平成1年)の7月から始まった「夏の嵐」
主演 高木美保、渡辺裕之あたりだったのではないかと思います。
なんだか、その番組、”平成”と発表されたのと同じくらい?記憶に残っていますね。

それからというもの、飛び飛びではありますが、いろいろな昼ドラを見てははまってきました。
中にはシリーズものがありまして、私が好きだったのが、
「はるちゃん」「花嫁のれん」「明日の光をつかめ」です。
どれも見ていてとても元気が出る番組。
はるちゃんシリーズは主演 中原果南で第6シリーズまで。
花嫁のれんシリーズは主演 野際陽子、羽田美智子で第4シリーズまで。
明日の光をつかめシリーズは主演 広瀬アリス、榊原徹士(第1)
小島藤子、松下優也 (第2)須田アンナ(第3)シリーズまでです。    

あと、昼ドラ枠では珍しく、イケメンたちが勢ぞろいしたストーリーもありました。 
それが2010年(平成22年)1月から放送された「インディゴの夜」です。
(主演 森口揺子、天野浩成、高木万平、高木心平、真山明大)
ドロドロしたイメージ昼ドラの中で、これだけのイケメンが登場したのは、
後にも先にも一度きりじゃないでしょうか?という事で、今日はこの辺にして、
次回はイメージに合った?昼ドラに焦点を当ててみたいと思います。

       

スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
タグ:昼ドラ
nice!(52)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドライブin深大寺 [たえの日記]

新しい車が来ました[わーい(嬉しい顔)]
でも以前の車より、また一段と大きく、一人で試運転するのがちょっと怖かったので、建国記念の日、旦那様に付き合ってもらい、ついでちょうど良い距離の深大寺まで、ドライブに行ってきました。

到着したのは昼過ぎ。
深大寺は、ちょうど梅まつり開催中という事もあり、結構な混雑でしたが、まずおそばを頂くことに。
NCM_0364.JPGNCM_0338.JPG
こちらでは並ばず、でもおいしいおそばを頂く事ができました。(ちなみにこれは、山菜そば)

その後、神代植物公園へ。
まだ梅は全体的には3分咲きくらいだったとは思いますが、数多くの種類の梅があり、咲いていた梅はとってもきれいでした。
NCM_0342.JPGNCM_0343.JPG
NCM_0345.JPGNCM_0353.JPG
素心蝋梅(そしんろうばい)              白難波(しろなんば)
NCM_0350.JPGNCM_0357.JPG
寒椿(かんつばき)                   ムラサキシロガネヨシ
特にろうばいはとっても香りもよく、心が癒されました。

途中、撮影をしていた見栄晴さんも見かけましたよ。
NCM_0362.JPGNCM_0354.JPG

その後、寺内を散策し、久しぶりに程よく運動し、
小腹が減ったところで、お団子やそば串を頂きました。
NCM_0371.JPG NCM_0372.JPG
お腹も心も満足[わーい(嬉しい顔)]

帰り際には、ゲゲゲの鬼太郎茶屋の前で佇んでいる鬼太郎にもお別れをし、帰宅の途に。
NCM_0365.JPGバイバイ、鬼太郎

結局、初めのうちはとても怖かった運転は、往復2時間ほど乗っていたら、
徐々に快適にはなってきましたが、車庫入れなどを含め、慣れるまでにはまだ少し、時間がかかりそうです。


※神代植物公園 3月6日まで梅まつり開催中(月曜休園)














スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(49)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

製菓学校文化祭のパン販売 [たえの日記]

今日は楽しみにしていた製菓学校文化祭のパン販売があり、出かける事に。
ところが、最寄りの駅に着いたら、少し前に人身事故があり、電車運休、との知らせで、急きょ自宅に戻り、自転車を置いて、バスで行く事に。
そこから20分程行く間に、(今日は日曜日だというのに)バスはぎゅぎゅう詰めになり、
途中のバス停では、運転手さんが「満車のため通過させて頂きます」とアンウンス。
私にとっては初めての経験でした。(それにしても人身事故や運休が良くあるものだと・・・
ここ2.3年、頻繁に電車に乗るようになってから実感しています)

とまあ、行くまでにちょっと時間がかかってしまったものの、文化祭第二会場のの立川高島屋に着く事ができ、パン販売の列に並び、かなり待ちはしたものの、生徒さんたちが作ったおいしいパンを無事GETする事ができました。
NCM_0334.JPG
上から時計回りチーズブレッド、パウンドセット、和菓子セット

生徒さんたちが実際にマジパンのデモストレーションをされていて、
とても上手に作品を作っていました。
その他に、生徒さんや講師のマジパンや飴細工などの作品が展示してあり、
とてもかわいらしく素敵で、繊細な芸術作品のよう・・・
NCM_0326.JPG

中でもクラス作品は、パンで制作された日本画で、とても見応えがありました。
NCM_0329.JPG
鎌倉美術~鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)

余談ながら、去年は生徒さんの中にとってもイケメンな子がいて、ミーハーながら写真まで取らせてもらいましたが、今年は会えず・・でも、我が子と同じぐらいの年代の子は特に、かわいらしく思えてしまうし、頑張ってる姿にとても頼もしさを感じます。学校前では市のキャラクター(くるりん)も応援していました。
NCM_0323.JPG

その後、近くにオープンしたてのドンキ・ホーテに寄り、
他ではあまり見る事のないちょっと高めながらおいしい、
買おうと思っていたチョコレートと、私が好きな少しピンクかかったふ菓子を購入し、帰宅しました。
NCM_0333.JPGNCM_0336.JPG
















スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(49)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

魚の煮つけ [たえの日記]

パチンコ、競馬、釣り、モトクロス、と多彩な?趣味の旦那さん。
以前はもっぱら渓流釣りりだったけれど、この頃は友達の誘いもあり、海釣りまで始めました。
先日、旦那さんはまた釣りへ行き、小さなカサゴとソイなる魚を数匹釣ってきたので、
翌日(つまり昨日)の夕飯はその煮つけにしました。
私は海魚の処理は、ほぼした事がないので、YouTubeを見まねながら、下処理を開始。
(下にはちょっと見づらいお魚の写真付)





内臓や鱗を取り、まず魚はこんな姿にNCM_0319.JPG
そして次に調味料を合わせて煮込みNCM_0320.JPG
NCM_0322.JPG出来たのはこんな

思っていたより、下処理に手間と時間がかかってしまいましたが、味は美味しかったです。
ただ、魚が小さすぎて、骨が多かったかな。
今後また海魚を釣ってくるようであれば、鱗取りが欲しい、とも思いました。





スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(40)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新年会&最終昼ドラ [たえの日記]

ー新年会-
先週土曜日には、職場の新年会が居酒屋で行われました。と言ってもごく少人数なので、こじんまりとしたもの。電車で20分ほどの場所で勤務しているのでお店もその近辺で。
びっくりしたのが、そこのお店を切り盛りしていたのが高校時代の同級生であった事。そしてさらにびっくりしたのが、お客さんとして来ていた、隣でどんちゃん騒ぎしていた男性連中に、もう一人同級生がいた事。
なんといっても25年ぶりだったので・・・仕事の話はしながらも、正直、彼らの存在がとても気になってしまった私でした。

お料理はとてもおいしかったです。
築地直送のネタで握ったお寿司や、”缶焼き”と言って、缶の中でカキやえび等を蒸し焼きにしたもの、始めて頂きました。


-昼ドラー
私が、とてもはまっていた昼ドラが、今日から始まった嵐の涙を最後に終了になるそうです。
考えてみれば私の前駆は小学生の頃、友達と遊び、3時からはワイド劇場なる、大人が見るようなメロドラマを見ていました。なんてませた子供だったのでしょう。
それが今や、昼ドラに変わり、ここ数十年。
(といっても、ここの所は仕事もあり、話は飛び飛びでしたが)今後は深夜番組になるとの事ですが、この先のブログで少しだけ昼ドラについて、書いてみたいと思っています。
(誰も興味ない?そんなこと言わず・・どうぞお付き合いくださいませ。)


写真を撮ることができず、ごめんなさい。こんなのでした。











スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感