So-net無料ブログ作成

昼ドラPART4(最終) [放送]

昼ドラ記事、最終回です。
1964年(昭和39年)から始まり、52年間にわたり放映し続けてきた昼ドラ、
今月を持っていよいよ終了になります。
52年という間には、昭和が平成に変わり、世の中でも様々な出来事がありました。
ここでほんの一部を載せてみます。

1964年(昭和39年)東京オリンピック開催
1968年(昭和43年)三億円事件
1972年(昭和47年)あさま山荘事件
1973年(昭和48年)オイルショック
1983年(昭和58年)ディズニーランドオープン
1986年(昭和61年)~1991年(平成5年)バブル景気
1988年(昭和63年)青函トンネル開通
1989年(昭和64年・平成1年)昭和天皇ご逝去
1993年(平成5年)皇太子殿下・雅子さまご成婚
1995年(平成7年)阪神・淡路大震災
1995年(平成7年)オウム真理教サリン事件
1998年(平成10年)長野オリンピック開催
2011年(平成23年)東日本大震災
(昭和・平成年表参考)
そして昨日、2016年(平成28年3月)北海道新幹線が開通となりました。
1964年(昭和39年)東海道新幹線開通以来、こちらもまさしく52年という時を経て、
北海道から九州までが新幹線でつながったようですね。
長い歴史と、様々な思いを感じます。

その間、昼ドラでは様々なストーリーが繰り広げられてきました。
ちなみに、ここで今までの記憶に残る昼ドラランキングを上げてみたいと思います。

第5位 はるちゃん(1996年・平成8年~6シリーズ放送)
第4位 花嫁のれん(2010年・平成22年~4シリーズ放送)
第3位 愛の嵐(1986年・昭和61年)
    華の嵐(1988年・昭和63年)
     夏の嵐(1989年・昭和64年/平成1年)
第2位 真珠夫人(2002年・平成14年)
第1位 牡丹と薔薇(2004年・平成16年)
(週刊女性ランキングより)
やはり、というか、ダントツ1位は強烈なインパクトの牡丹と薔薇でした。
そして今回最終話となるの”嵐の涙”
参考までに今までのあらすじを書いておくざっととこんな感じです。

ーあらすじー
里子(佐藤江理子)はやさしい夫の雄介(宅間孝行)との間に生まれた娘と暮らし、
幸せに暮らしていたが、ある日、遭難事故で夫と娘を同時に失ってしまう。
深い悲しみから生きる希望を失いかけた里子に再び火をともしたのは、必死に生きようと大きな産声を上げる赤ん坊だった。そしてその日から実子と偽って育てることに。
一方雄介は生きてはいたもの、記憶を失っていた所、家元(竜雷太)に助けられたが、茶道枝川流の家元で亡くなった夫(剛太郎)の身代わり、目が見えない娘まき(遠藤久美子)の夫として、里子の実子(すみれ)と共に、生活を送ることになる。
そして時を経て、茶道枝川流に出入りするようになった里子と雄介は出会ってしまい、
雄介は徐々に、過去の記憶を取り戻してゆく。
そんな中、里子と雄介が密会?している所をまきは、立ち聞きしてしまった。
一方、里子が育ててきた娘のもとには実の父だという男が現れ、娘もまた、里子の実の子ではないことを知ってしまい、自ら身を遠ざけようとする。

そして明日(28日)の放送では、
今までの経緯、真実を家元から聞くことになる所から始まるシーン。
明日の放送を含め4日間、どんなラストを飾ってくれるのか楽しみです。


おととし、笑っていいともが終了し、ちょっとしたタモリロスから抜け出したところ、
さらにごきげんよう、昼ドラまでで終わってしまうのは寂しいです。
理由は、視聴率の低迷、との事ですが、4月2日からは昼ドラが土ドラとして、
深夜11:40~0:35の時間帯のドラマとして生まれ変わるようなので、
是非、今後深夜の時間帯での高視聴率を期待したいと思います。

今まで52年間という間、昼ドラを放送し、楽しませてくれた東海テレビさんには本当に感謝です。

そして昼ドラ連載ここまでおつき合い下さった皆様、ありがとうございました[わーい(嬉しい顔)]

*尚、昼ドラが東京オリンピックの年から始まったことは、
以前コメントを頂き、気づかされた事です。




                   お  わ  り 

























   
                     







スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(49)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エヴェレスト~神々の山嶺~ [映画、ロケ地]

エヴェレスト~神々の山嶺見てきました。

私の山登りの記憶をたどれば、小学校の遠足で登った高尾山、中学校の時家族で日の出を見に行くため上った御岳山、大人になって子供のボーイスカウトの付添で登った名も知れぬハイキングコース(かなり険しいコースでクタクタだったったけど、これも山登り?)くらいなもので、エヴェレストなんで、遠く、遠く遥かなる山のようなものですが、世界一を誇るエヴェレストの映画ならでは、何かそこから学べるものがあると思い、鑑賞しに行きました。


ーあらすじー
1993年ネパール。
二人の犠牲者を出して失敗に終わった日本のエヴェレスト遠征隊。カメラマンとして参加した深町(岡田准一)は一人街をさまよっていた。ふと立ち寄った骨董店で1924年にエヴェレスト頂上を目指しながら行方不明になったジョージマロニーのものである可能性が高いカメラを発見する。
だがそれは盗品であり、元は自分のものだとその場に現れた、ビサル・サルパ<毒蛇>(阿部寛)と呼ばれる男に持って行かれてしまう。
だが、そのビサル・サルパこそが、数年前に消息を絶った孤高の天才クライマー羽生であった。

なぜ羽生がマロニーーのカメラを持っているのか?
帰国した深町は山岳史を塗り替えるべく、羽生の過去を調べ始めた。
かつての山仲間は羽生の天才的登攀センスを称えながらも、人間としては最低だ、と言い捨てる。
そんな羽生を唯一慕ったのが山岳会後輩の岸文太郎(風間俊介)であったが、彼は羽生との登山中に死亡。羽生がザイルを切り、自分だけが助かったという噂が立ち、以来羽生の山は単独行になっていった。

羽生の過去を追い続ける深町のもとに、文太郎の妹、涼子(尾野真千子)が訪ねてきた。兄の死後、交際を続けていたが、自分の前から突然姿を消した羽生を探していた。
そんな深町と涼子は共に再び、カトマンドウ(ネパル、首都)へ向かう。だが居場所は突き止めたものの、彼はこの地で妻子を持ち、別の人生を歩んでいた。
しかし、一方で深町は羽生がとてつもない計画を立てていることを知る。
”冬季南西壁・単独無酸素登頂”それは前人未到の計画であった。
そんな羽生の姿を写真に収めるべく、深町はベースキャンプで羽生を待ち続け追うことになるが、
そこには予想以上の過酷なエヴェレストが待ち受けていた。
果たして、彼らは生きて帰る事が出来るのか。
そして命を削ってまで挑むその先にあるものとは。


ーちょっと気になったジョージ・マロニーとはー
1886年にイギリスで生まれた登山家
高所登山の黎明期において傑出した活躍を見せた。
1921年からマロニーを先頭にした初のエヴェレスト偵察隊がヒマラヤに攻撃をスタート。
最初の挑戦では7020mのノース・コルまで到着。
1922年、エヴェレストに取り憑かれたマロニーはシェルパ(高所に適した体質の、各国の荷物を運んだりするのに雇われた人物)を連れ、酸素ボンベを持って再び挑戦。
7人が雪崩で亡くなってしまうが、マロニーは8000mをはるかに超えるデス・ゾーンに突き進んだ。
当時の人類の最高到達高度だった。以後、取材で「なぜ、あなたはエヴェレストに登りたいのか?」と聞かれ、「そこにエヴェレストがあるから」という答えは、あまりにも有名な答えである。
マロニーが行方不明になってから75年。
マロニーは遺体となって発見されたもの、エヴェレストの登頂したのかはいまだ定かではない。
(エヴェレスト公式サイト、パンフレット参照)

1458372131.png

ー感想ー
山は時に牙をむく。
それが世界最高峰エレストであればなおさら。
この映画では実際にエヴェレストの標高5200m級の場所での撮影だったようですが、
相当に苛酷なロケだったのではないかと、素人の私にでさえ分かる気がします。
実際に撮影クルー全員が高山病にかかることなく、大きなけがもなく、無事ネパールロケを終えたことは本当に奇跡だった、と語っています。それだけに、この映画にかける意気込みみたいなものを感じ、見るに値する作品だと思います。特に主演者である羽生(阿部寛)さんと、深町(岡田准一)さんがそれぞれの強烈、個性的な演技をされていることで、物語がより引き立っている気がします。
ネパールの街を羽生が現れたときは、一瞬”テルマエロマエ”?と錯覚してちょっと笑えましたが、
山に登ってる時の2人の表情は狂気が迫ってくるような凄まじいものがありました。
そして、時に映画やドラマには、心に響く言葉というのが私にはあるのですが、今回もありました。
特に心に残ったのはマロニーが言った「そこにエヴェレストがあるから」という表現を、羽生は違う言葉で表現しています。また、深町が猛吹雪の中、生きることを諦めようとするシーンでは、
羽生は「足が動かなければ手で歩け、手が動かなければ・・・」と語りかけるのですが、
とても心にしみ入る言葉だなあ。と思いました。
私がこの映画を見て一番に学べた事は、
人はどんな困難な状況にあっても強く生きていかなければいけないという
想いではないかと思います。

そしてもちろん、大自然も素晴らしいです。時に暗雲がかかり、猛吹雪が吹き、
狂気な山ながらこそ、垣間見える美しい絶景。
エヴェレストならではの、さらに神秘的な姿が映画からは伝わってきました。

また、羽生と深町が出会うネパールの街。
撮影を終え、帰国してすぐ後、この街では大地震が起こり、撮影に尽力した現地の方々も被災し、歴史的構造物も多く失われてしまった為、結果的に今はもう見ることのできなくなってしまったそうですが、この映画には賑やかで多くの人たちが行き交う貴重なネパールの街並が写されています。


エヴェレスト [ 夢枕獏 ]

エヴェレスト [ 夢枕獏 ]
価格:1,404円(税込、送料込)


エヴェレスト
標高8848m、ネパールとチベット自治区にまたがり”世界の屋根”と呼ばれる
ヒマラヤ山脈の中で最も高い、世界最高峰の山。


スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(48)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

春蘭 [たえの日記]

春蘭3月12の様子です。
ネットでも調べてみたのですがもともと茎がとても細いようで、
うちの春蘭さらに茎が細く長い気がします^^けれど、その茎の先から花を咲かせてくれました。
10日頃から何気に花開き、、ほぼ満開の状態と言っていいのではないかと思います。
っていう事は、知り合いの予想は当たっていましたよー[わーい(嬉しい顔)]

NCM_0415.JPGNCM_0414.JPG

花が下を向いてしまっていて(もともと春蘭はこのようなもの?)
写真がとっても撮りづらくて、このような写真のみ、ですが、
細くても頑張って花を咲かせる姿は、頼もしいですね。

さあ、今日は私は午後から仕事です。
頑張ってきます。

スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
タグ:春蘭
nice!(56)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昼ドラPART3 [放送]

さて、昼ドラシリーズ第3弾。
今回は、昼ドラのここ数年(勝手ながら3年程)のストーリーを挙げていきたいと思います。


2013年(平成25年)7月~明日の光をつかめー2013夏ー
(主演 渡辺いっけい、須田アンナ、須賀健太、柾木玲弥)
2013年(平成25年)9月~潔子爛漫(主演 福田沙紀)
2013年(平成25年)10月~天国の恋(主演 床嶋桂子)
2014年(平成26年)1月~花嫁のれん3(主演 羽田美智子、野際陽子)
2014年(平成26年)3月~聖母・聖美物語(主演 東風万智子)
2014年(平成26年)6月~碧の海~LONG SUMMER~(主演 奥菜恵)
2014年(平成26年)9月~ほっとけない魔女たち(主演 浅野ゆう子)
2014年(平成26年)11月~シンデレラデート(主演 星野真理)
2015年(平成27年)1月~花嫁のれん4(主演 野際陽子、羽田美智子、矢田亜希子)
2015年(平成27年)3月~プラチナエイジ(主演 榊原郁恵、池上季実子、宮崎美子)
2015年(平成27年)6月~明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~(主演 高杉真宙)
2015年(平成27年)8月~癒しやキリコの約束(主演 遼はるひ)
2015年(平成27年)9月~別れたら好きな人(主演 綾部裕二)
2015年(平成27年)11月~新・牡丹と薔薇(主演 黛英里桂、逢沢りな)

そしてこの中から(またまた勝手に)3作品取り上げ、STORYなどを書いてみたいと思います。


まずは、私が大好きだった「明日の光をつかめ」

明日のひかりをつかめシリーズは3シリ-ズありましたが、
私自身は特に3シリーズ目のストーリーと、出演者が好きでした。
1・2シリーズでは様々な事情で親と暮らす事が出来ない子供たちが暮らす”たんぽぽ農場”が舞台であり、そこでは子供たちを住まわせ野菜栽培などを通し、子供たちが成長し行く姿が描かれていましたが、3シリーズ目では舞台が千葉県にあるパン屋、”かぼちゃハウス”に変わります。
共同生活をしている事に変わりはありませんが、3シリーズ目では、主にパンの販売や、
そこに住んでいる女子の好きなダンスを通し、子供たちが成長していく姿が描かれています。
過去に少年犯罪の被害者であり指導者である北山(渡辺いっけい)、兄がいじめから同級生を刺してしまい母まで自殺に追いやられ、ひそかに復讐を考えている碧(須田アンナ)、そしてそんな碧に思いを寄せる親友同士の、優秀ながら心臓病を抱えた浩樹(柾木玲弥)と、単細胞で不器用な翔太(須賀健太)など、恋の行方も含め、見どころいっぱい。千葉県という場所を生かした自然の中私が以前ブログの中で書いた、”朝”という詩を浩樹が読むシーンではなんだか心がジ~ンとしてしまいました。

そして次に「花嫁のれん」
花嫁のれんは4シリーズありましたが、どのシリーズも舞台は金沢。
多額の借金を残して失踪した夫の実家で、創業100年を誇る金沢の老舗旅館「かぐらや」で再起をかけて奮闘する奈緒子(羽田美智子)と常に頑固な姿勢を取っている夫の姑である志乃(野際陽子)の壮絶な葛藤を通し、奈緒子が女将として成長していくストーリー。
1シリーズ目では志乃の孫娘の登場、2シリーズ目では姪の登場、
4シリーズ目ではついに「金沢女将塾」なるものを立ち上げ、採用した問題女子の登場などで、
ストーリーは、いろいろと展開していきます。
壮絶な嫁・姑バトルなのに、なぜか笑える部分が多く、見ていてとても元気になれる。
そして何といっても、趣ある金沢の街、羽田さんや野際さんの着物姿も見どころでした。

そして最後に「プラチナエイジ」
鎌倉、湘南を舞台としたストーリー。
それぞれ幸せな生活を送っていた60歳になる3人の妻たち。
香織(榊原郁恵)、智恵子(池上季美子)、和子(宮崎美子)。
けれどいつしか家のリフォームを通して知り合った建築家に心を動かされる香織、輸入雑貨店を経営しながらも気づかぬうちに夫が認知症になってしまう智恵子、ひょんな事で人生に嫌気がさし、皆が驚くようなことをしたい、とホストクラブの若い子に入れ込んで行く和子。
一見ありがちな夫婦間の問題を等身大で演じているホームドラマ。
色々な問題を抱えながらも、女性出演者がとても元気で見ていてさわやかで
自分も、(あと数十年後には)素敵な60代を送ってみたいと思えるドラマでした。
プラチナエイジの舞台は湘南。素敵な風景も見どころであり、
ドラマロケでよく使われるcafe坂の下や江の島見晴亭も登場しました。
(東海テレビサイト参照)


(余談)私目線から見た注目の若手イケメン
ドロドロが多い昼ドラの中「明日の光をつかめ」「明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~」など
年代の若い子たちが出演した時は、とてもフレッシュで活気的、ドラマを見ていて応援したい気持ちにもなりました。どの子もそれぞれ輝いていましたが、その中でも私が特に注目したいのは、
須賀健太君と高杉真宙君です。須賀君は子役から活躍し、映画「ALWAYS」(涙ボロボロもの)
でも演技に定評がありましたが、昼ドラでは髪を金髪に染めた不良っぽい役を見事に演じ切っていました。
子役のかわいさから一転、この頃はとてもかっこ良くなった気がします。
そして高杉君は、元は「仮面ライダー」を演じていたんですね。
以前、「ゴーストライター」に出演した時は、作家の息子役として出演していましたが毎回数分しか出ない役なのに、強烈なインパクトがあり、演技がとてもうまい子なのだという印象を受けました。
それからというもの注目。
つい最近、「表参道高校合唱部」ではとてもキュンとする高校生役、
昼ドラでは料理(特にオムライス)が上手なしっかり者のお兄ちゃん役で、
母や兄弟を支えながらも思い悩む大学生を見事に演技切っていました。
なんだか私の中では気になるイケメン、これからが特に楽しみな二人です。

とまあ、だいぶ私目線から記事を書きあげてしまいましたが、
次回は、昼ドラランキング(上位5位)などを、取り上げてみたいと思います。
なお、昼ドラ連載、次回最終回です。



私のしあわせ京都あるき [ 羽田美智子 ]

私のしあわせ京都あるき [ 羽田美智子 ]
価格:1,512円(税込、送料込)



明日の光をつかめ [ 清水有生 ]

明日の光をつかめ [ 清水有生 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

明日の光をつかめ 1 [ 広瀬アリス ]

明日の光をつかめ 1 [ 広瀬アリス ]
価格:8,748円(税込、送料込)













スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(40)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

親知らず抜歯PART2&春蘭 [たえの日記]

昨日、今日と、前回にひき続き、子供の親不知抜歯の付添に行ってきました。
とりあえずは、下の歯、2本だけで良いようなので、今回で終わりです。
根が少しカギ爪状になっていたようで、前回よりは少し時間がかかったものの、
無事終了し、痛みも腫れもあまりないようで、ほっとしました。
(なにか、子供のこと、一つ終わるごとに、ほっとします。)
親知らずは、できれば早めに抜いたほうが良いですね。
痛みが出てからでは、処置も大変になってしまうようですから。



知り合いの方から1か月ほど前に「春蘭」とやらを鉢植えで頂きました。
日本、中国に分布する野生ラン、シンビジウムの仲間のようですね。
ここ数日で地際から花茎が出てきました。
10日ぐらい前の事ですが、頂いた方に「いつごろ咲きますかね?」って聞いたら、
「3月12日」って、日付指定で言ってました。
3月12日って…あと一週間ほど。本当にその日に咲いたらすごいです。
花茎が出始めたころから、花が咲くのが待ち遠しく、とっても楽しみです[わーい(嬉しい顔)]

春蘭
NCM_0411.JPGNCM_0412.JPG





スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(49)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感