So-net無料ブログ作成

青梅昭和レトロ商品博物館 [たえの日記]

前回、釜めし”なかい”に行った後、
夕暮れ時、車を走らせ青梅市街に何とか到着。
そして一目散で昭和レトロ商品博物館へ。
館内閉店時間は5時だったので、駆け込み10分前。
なのですでに閉館しようとしていたところ、少々無理を言ってお願いし、
館内を見せて頂く事が出来ました。
NCM_1222.JPG
昭和レトロ館、夜の街並み
(写真が下手すぎますが、ぶら下がっているのは提灯です)
そして館内には昭和を想わせる商品がいっぱい。
紙芝居自転車
NCM_1195.JPG

映画看板の数々
NCM_1197.JPGNCM_1198.JPGNCM_1200.JPG
歴代のコカコーラ
NCM_1201.JPG
懐かしの缶ジュース
NCM_1207.JPG
駄菓子の数々。
小学生の頃は良く行っていた駄菓子屋さん。
懐かしい商品ばかりです。
今でもこういったものを見ると、心がわくわくします。
1479908469335.jpg
1479908469447.jpg1479908469520.jpg

そして、館内二階には、青梅が発祥であるという、小泉八雲”雪女”に因んで、雪女の部屋が。
なんだか怖さに余計に寒さを感じる気がして、そちらはすぐに退散しました。
NCM_1194.JPG

館内はこじんまりとしていて、10分ほどあれば一通り、見る事が出来ました。
そして館内を見て、わずかな時間でも、昭和にタイムスりップ出来たような感覚にもなりました。
少々無理を言ってしまったものの、見せて頂く事が出来、良かったです。



外は日も暮れて、幻想的な街並みでしたが、
こちらはすでに閉館していました。
NCM_1217.JPGNCM_1216.JPGNCM_1215.JPGNCM_1218.JPG
NCM_1220.JPGNCM_1221.JPG
他、赤塚不二夫会館もありますので、次回訪れた際にはゆっくり見て回りたいと思いました。



[ひらめき]”昭和レトロ”というフレーズは、青梅が発祥だそうです。
なので、青梅の駅からの街並みには、
昭和にタイムスリップできるようなお店や看板などが数多くあります。
1991年から続く、青梅宿アートフェスティバルで、昭和や名画看板・猫などをテーマにイベントを実施しており、宿場町の面影残る街並みに久保板観(ばんかん)氏の映画看板を飾る事で、
町おこしを行っているそうです。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本懐かしジュース大全 [ 清水りょうこ ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/30時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本懐かしアイス大全 [ アイスマン福留 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/30時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本懐かし10円ゲーム大全 [ 岸昭仁 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/30時点)



















人気ブログランキングへ

御岳紅葉(玉堂美術館と釜めしなかい) [たえの日記]

23日勤労感謝の日、、御岳に紅葉を見に行ってきました。
NCM_1146.JPGNCM_1147.JPGNCM_1153.JPG

玉堂美術館から見る紅葉が綺麗だという事で、前回5月に行ったことはあるものの、
もう一度入館してみる事に・・。
ちなみに、玉堂美術館では、年7回作品の入れ替えが行われるそうで、
季節に見合った作品が楽しめます。
ー玉堂美術館ー
日本画の巨匠川合玉堂が、昭和19年から昭和32年に亡くなるまでの10余年を
青梅市御岳で過ごしたのを記念して建てられた美術館
IMG_20161125_0001.jpg

NCM_1160.JPG
NCM_1159.JPGNCM_1161.JPGNCM_1172.JPG
館内では、玉堂が15歳から84歳まで描いた作品、画室などが展示されています。
そしてこの時期、館内から眺める庭園の紅葉が見頃で美しい。
1479908469707.jpg

NCM_1162.JPGNCM_1163.JPGNCM_1171.JPG

そして美術鑑賞後、近隣にはままごとや、いもうとや、沢の井ガーデンなど、
食事処には素敵な場所がいくつかあるのですが、
今回は、そちらへは行かず、
旦那さんが行ってみたいとの理由で、車で10分ほどの釜めし「なかい」へ。
NCM_1176.JPG
ここは、マスメディアで良く取り上げられている、有名店です。
なので、午後2時半ごろだったのにもかかわらず、とても混雑していて、かなりの待ち時間(1時間ほど)
その間、お店の中庭を撮影。
NCM_1178.JPGNCM_1180.JPGNCM_1181.JPGNCM_1182.JPGNCM_1183.JPGNCM_1185.JPG
寒かった一日・・。
ようやく順番が回ってきて入れた店内はとても暖かく、
注文したきのこ釜めし・・
釜めしはもちろん、水炊きもついていて、おいしく、体もとっても温まりました。
(通常メニューはきのこ釜めし、山菜おこわ釜めし、鰻釜めし、
季節限定メニューには春は竹の子釜めし、秋はくり釜めしあり)
1479977434781.jpg

その後、だいぶ時間も遅くなってしまいながら、間に合えば行こうと思っていた青梅の昭和レトロ館、
焦る気持ちを抑えながらも、街灯に照らされる紅葉を横目で楽しみながら、
内心は急いで車を走らせました。




人気ブログランキングへ

湯島天満宮(菊まつり) [たえの日記]

数日前、フジテレビ”みんなのニュース”のお天気コーナーで、木村拓哉アナウンサーが
人力車を引きながら御符内八十八ヶ所霊場(東京版お遍路)を巡っている中で、
湯島天満宮(菊まつり)が紹介されていて、急に行ってみたくなってしまいました。
なので、湯島天満宮(菊まつり)行ってきました。

東京メトロ千代田線、湯島駅から徒歩3分ほど。

NCM_1129.JPGNCM_1128.JPG
NCM_1113.JPG
学問の神様でもありますね。
そのせいか、絵馬の数も、ものすごかったです。
NCM_1115.JPG


菊まつり開催中(11月23日まで)
見事な大輪でした
NCM_1109.JPGNCM_1111.JPG
NCM_1110.JPG
縁起が良さそうなだるまさんの姿も。
まだまだこれから花が咲きそうですね^^
(11月10日現在のお姿)
NCM_1112.JPG
そして話題の真田丸をテーマにした三体。
今着てている衣装は花がだいぶしおれた感がありましたが、
NCM_1117.JPG
NCM_1118.JPGNCM_1119.JPG
”只今着せ替え中”との表示があり、ちょうど菊師さんが着せ替え中・・
右(昌幸)上着の部分は着せ替えが終わり、新たな衣装になったところでした。
NCM_1120.JPG
様々な形での菊の展示があり楽しめたうえ、とても綺麗でした。

社内には泉鏡花の筆塚なる石碑も。
NCM_1123.JPGNCM_1124.JPG
NCM_1127.JPG
そしてサギさん発見。サギさんもうっとり菊の花を眺めていた?
NCM_1126.JPG
久しぶりに御朱印も頂きました。
NCM_1135.JPG

そして、帰り、出口が4ヶ所ほどあり、どこから出て良いのやら迷いましたが、
降りた階段の所には、切り通し坂の標識が・・。
結果、ちょっぴり趣を感じる事が出来て、良かったのかもしれません。
NCM_1108.JPG
NCM_1107.JPG
切り通し坂(標識の説明より)
「幕府内備考」には「切通(きりどおし)は天神社と根生院との間の坂なり、
是後年往来を聞きし所なればいふなるべし。
本郷三、四丁目の間より池の端、仲町へ達する便道なり、」とある。
湯島の台地から、御徒町方面への交通の便を考え、新しく切り開いて出来た坂なので、その名がある。
初めは急な石ころ道であったが、明治37年、上野広小路と本郷三丁目間に、電車が開通して
緩やかになった。
映画の主題歌「湯島の白梅(しらうめ)」”青い瓦斯灯(ガストウ)境内を出れば本郷切通し”で、
坂の名は全国的に知られるようになった。
また、かつて、本郷三丁目交差点近くの「喜之床(きのとこ)」の二階に間借りしてた石川啄木が、
朝日新聞社の夜勤の帰り、通った坂である。
  二晩おきに夜の一時頃に切り通しの坂を上りしも勤めなればかな    石川啄木


NCM_1122.JPGNCM_1121.JPG













人気ブログランキングへ

冬の食(八つ頭) [たえの日記]

昨日は木枯らし一号が吹き、晴れていたものの、寒い一日でしたね。
いよいよ冬本番ですね。

さて、私は先日の瓜に引き続き、また頂き物をしました。
今度は八つ頭を頂きました。
八つ頭と言えば正月に食べる、高価な里芋のような小芋だと思ってました。
それがまさかこんなものが出てくるとは[がく~(落胆した顔)]
NCM_1098.JPG
八ツ頭って、こんなものだったんですね。
スーパーや八百屋さんでは、あまり気にしたことがなかったからなのか、
今まで八ツ頭というこの実物を見たことがありませんでした。
なので、あまりの大きさと、グロテスクな形ににびっくりしました。
でも、意外に産地は千葉や茨城な関東を中心に作られていた物だったのですね。




という事で、調理をしてみました。
まずは大きめに切り分けてみると6個
NCM_1100.JPG
そしてさらに切り分けてみると
NCM_1101.JPG
30個分にもなりました。
そして面取りをし、煮っ転がしに・・
まずは下ゆでし、初めに砂糖とみりん、
NCM_1102.JPG
そして醤油も足し、数回に分けて味付け。
NCM_1103.JPG
そして出来上がり
NCM_1105.JPG
ぬめりが少ないため、処理がし易く、味もやわらか・ホクホク、
少しおすそ分けしたものの、おいしくて、あっという間になくなってしまいました。

一足早く、お正月料理を頂いた感じでした。


ー八つ頭ー(旬の野菜百科より)
八つ頭は流通している量が少なく、里芋としては高価で、末広がりの「八」と、
子孫繁栄や人の「頭」になるようにという縁起物としておせち料理に良く使われる。
子芋が分球しないため、親子もろとも一つの塊になるタイプ。
その姿が、頭が八つ固まっているように見える事からヤツガシラと名付けられ、
「八頭」や「八つ頭」と書かれる。





人気ブログランキングへ

秋(ウォーキングと食) [たえの日記]

11月に入り、少しずつ秋も深まってきましたね。
心地よい天気になってきたものの、
季節の移り変わりにどうも体が付いて行かず、
10月は予定通りにも出かけられないまま過ぎてしまいました。
そんな中、3日勤労感謝の日はあまりにも天気が良かったので、
近くの小宮公園へ行き、鈍ってしまった体を少しほぐそうと、

ほんの少しだけウォーキングしてきました。
紅葉はもうちょっと先でしたが、久しぶりの森林浴、気持ちが良かったです[わーい(嬉しい顔)]


ーウォーキングー
八王子の駅から車で5分ほど・・ひよどり山にある
"えなが"や"ひよどり"などが生息し、自然が多く残っているウォーキングコースです。
案内板があり、時折野鳥の姿も見えました。
NCM_1072.JPGNCM_1073.JPG
NCM_1080.JPG
この時期ほとんど花はなく、木々に覆われています。
NCM_1075.JPGNCM_1078.JPG
NCM_1074.JPGNCM_1083.JPG                          
NCM_1084.JPGNCM_1082.JPG
NCM_1079.JPG
やっと見つけた花はつぼみ?
NCM_1085.JPGNCM_1086.JPG
そしてひっそりと咲いていたキキョウの花
NCM_1087.JPG
大谷弁天池。
池にはカモが泳いでいました。
「グワッグワッ」と鳴いてみたり・・池に潜っては餌を取ってみたり・・とてもかわいらしかったです。
NCM_1091.JPGNCM_1094.JPG





ー食ー

数日前の事になりますが、知り合いの方から頂いた、はやと瓜で一品おかずと、
実家で収穫した柿でデザートを作ってみました。

はやと瓜
NCM_1061.JPG
切るとこんな感じです。
NCM_1063.JPG
そして一品おかず
はやと瓜と豚肉の塩味炒め
NCM_1064.JPG
瓜の食感はシャキシャキしてて、豚肉と炒めるとコクが出ておいしかったです。
ちなみに私、はやと瓜を食べたのは初めてでした。


そして実家で収穫できた柿。
NCM_1068.JPG
とりあえず、もらったのはこの2倍くらい・・
なので今年は少しデザートを作ってみる事にしました。

柿のプリン
NCM_1071.JPG
とっても簡単なうえ、美味しかったです。
柿(中4コ位)牛乳(100cc)練乳(大さじ1)バニラエッセンス(適量)をミキサーで混ぜて、
あとは固まらせるだけ♪
ズボラな私にはもってこいのスイーツでした。
なんでも柿には食物繊維・ペクチン・タンニンが含まれていて、
これらが牛乳のカルシウムと反応することで固まるらしいのです。







人気ブログランキングへ