So-net無料ブログ作成

目黒雅叙苑 百段雛祭り [たえの日記]

目黒雅叙園百段雛祭り、見に行ってきました。

DSC_0259.JPG
DSC_0260.JPG
正面入口にはさっそく雛山がお出迎え
DSC_0286.JPGDSC_0287.JPG
雛山・・・雛文化である宮崎県綾町独自の雛文化で、女性は山の神とされていて、
女の子が生まれると、親せきや近所の人々が木や花木を持ち寄り、
家の奥座敷に山の神が住む風景を再現したのが始まりとされている


その後、とってもゴージャスなエレベーターで3階に案内されました。

そしてそこには、福岡・柳川固有の雛のつるし飾り(さげもん)が。
なんでも吊るし雛の呼び方が、地域によって違う事は、昨年初めてひな祭り展(瑞穂)に行って
初めて知った事でしたが、そんな事がここにも書かれてありました。
DSC_0272.JPGDSC_0271.JPG
お雛様たち舟に乗っていて、とてもかわいかったです。
DSC_0269.JPGDSC_0270.JPGDSC_0268.JPG

この先中に入っていくと、百段(実際には九十九段)階段へと続きます。
百段階段とは、昭和10(1935)年に建てられた、元は料亭だった目黒叙々苑の
唯一残った木造建築の通称で、平成21(2009)年3月に、東京都有形文化財に指定されたそうです。
階段を、20段ぐらいごとに区切った所に間が設けられていて、その各所(7ヶ所)に、
今回は九州のお雛様たち(総数1000点超)が一同に展示されています。
雛飾りはもちろんの事、各部屋の天井や欄間には当時屈指の著名な画家が描き上げた絵画や
建築が美しく広がっていて、豪華絢爛な世界観を感じる事が出来ました。

しかしながら残念な事に、中は一切撮影禁止となっていました。
なのでこちらは今回の雛祭りに関する目黒雅叙園公式サイトからの引用になります。
1487826113059808808166.jpg
1487825605924145082977.jpg
1487826174983-1879067554.jpg

なお、百段階段がなぜ実際には99段なのか・・
1段は良いことを足すため、また奇数は縁起が良いから、とありました。
なるほど、3月3日(ひなまつり)・5月5日(子供の日)・7月7日(七夕)はすべて奇数ですね。
またひとつ、勉強にもなりました。
そして、、行く前には100段も階段を上るのか・・とちょっと不安にも思っていましたが、
休み休み部屋に入る事が出来たので、あっという間であり、何気に良い運動にもなりました。


その後は雅叙園内散策
まずは中庭に出て都会の空気を吸ってみたり
DSC_0276.JPGDSC_0274.JPG
園内では壁画がどうも気になり・・パチパチと撮ってみたりしました。
DSC_0265.JPGDSC_0266.JPGDSC_0267.JPG
DSC_0278.JPG
結婚式を主としている目黒雅叙園、ブライダルサロンには憧れるような素敵なドレスがありました。
DSC_0279.JPG

その後ランチのため、別館3階まで足を運び来たのがこちら結庵
DSC_0280.JPG
DSC_0285.JPG
店内は割と良い雰囲気
DSC_0281.JPG
私は鰤のポワレグルノブロワーズのセット(スープ・パン・デザート付き)を頂きました。
DSC_0282.JPG
DSC_0283.JPG
DSC_0284.JPG
こちらで1400円。欲を言えば、セットには飲み物も付けてくれると嬉しかったけれど、
料理は美味しく頂く事が出来ました。

ランチも食べて満足。
帰りはタイミングよく雅叙園から目黒駅まで無料送迎バスが出ていたので、それに乗車、
途中、桜で有名な目黒川を眺めながら帰宅の途に就きました。

IMG_20170223_0001.jpg
会期 2017年1月20(金)~3月12日(日)
場所 目黒雅叙園「百段階段」
































スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

アロマのある生活 [たえの日記]

昨年十月ごろから始めたアロマテラピーの通信教育、昨年から少しずつ学習を進めてはいたものの、
今年は本腰を入れて学習しようと思います。

という事で、今日は日常生活の中でいろいろと香りを楽しむ方法を
紹介したいと思います。(なお、今回は教材に沿って作っています)


[ぴかぴか(新しい)]アロマオイル
アーモンドオイル30mlと、精油(ローズマリー、グレープフルーツ各3滴)を使用し、
混ぜ合わせて作ります。
DSC_0152.JPG
出来たのがこちら・・
DSC_0154.JPG
体や顔にマッサージしながら、香りを楽しむ事が出来ます。

[ぴかぴか(新しい)]アロマの石鹸
今回はラベンダーのドライハーブを利用しています。
石鹸素地150gとドライハーブ5g、精油3~5滴、熱湯20mlを合わせ、混ぜ合わせます。
DSC_0234.JPG
左が石鹸素地、右がハーブに熱湯を混ぜたもの

そして型に入れ、風通しの良い場所で4~5日乾燥させます。
DSC_0236.JPG
出来たのがこちら・・
DSC_0251.JPG
今の季節だったら、香りを楽しみながら、欠かさず手洗い・・
インフルエンザ予防もできるかもしれません。


また、気軽にアロマを楽しむ方法としてマグカップに精油を加えたり、
ハンカチやティシュに精油を垂らすほか、*ディフューザーやアロマライト等があります。
*ディフューザー
超音波の振動で発生させた水蒸気と共に香りを広げるタイプや、
ファンの風で香りを広げるタイプの芳香拡散器

今回私が利用しているのはアロマライトです。
[ぴかぴか(新しい)]アロマライト
DSC_0128.JPG
水を張った上皿に好きな精油を1~5滴落として香りを楽しみながらもリラックス効果を高め、
眠りにつく事が出来ます。
色々な香りがあるので、私は、その日の気分によって違う香りを楽しんでいます。
ちなみに、この中では私の好きな香りはペパーミントです。
DSC_0253.JPG



[ぴかぴか(新しい)]ハーブティ
ティーカップ1杯分に対してティースプーン山盛り1杯

・温めておいたティーポットにハーブ(ここではラベンダー)を入れる
・沸騰したての静かにポットにそそぐ
・蓋をして3~5分蒸らす

良い香りが漂う中、心がほっとするハーブティーの出来上がり[わーい(嬉しい顔)]
DSC_0249.JPG


ハーブティーを飲みながら”香り”をテーマにした四季の名歌・名句を詠んでみるのも良さそう・・
ゆったりとした気分に浸る事が出来そうです。
最後に香りをテーマにした四季の句を一句ずつ・・・

ー春-
片恋のわが世さみしくヒヤシンスうすむらさきににほひそめけり    芥川龍之介
ー夏ー
さつきあめ人なつかしい菖蒲湯や濡れては匂ふわが黒髪も    青山霞村
ー秋ー
蘭の香や異国のような三日の月     一茶
ー冬ー
柚子湯出て身伸ばし歩む夜道かな    杉田久女



このように、香りを楽しむには様々な方法があります。
皆様も是非、試してみては如何ですか・・・[ぴかぴか(新しい)]








スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

卵の移動販売車 [たえの日記]

皆様、こんな卵の移動販売車、見かけた事、ありますか?

IMG_20170210_0001.jpg
実際にはこんなデザインの車
MOV_0224_pict.jpg
そうなんです。「コケコッコ~・・ポン」そんなスピーカーからの呼びかけで移動しているらしく、
見かけたら、ふと足を止めてしまうか、追っかけてしまう?事かもしれません。

先日、旦那さんが仕事帰りに、その車を見かけたと言って、その呼びかけのマネをしていました。
私は、そんな移動販売車に出会ったことがなかったのですが、その物マネがとても面白くって、
実際に移動販売車を見たくなり、調べてみた所、店舗もあるというので、まずはそちらに
早速出向いてみました。

そんな呼びかけからは想像もできないような・・店舗は、以外にもかわいらしくお洒落なお店でした。
DSC_0165.JPG
たまご倶楽部
青梅市野上3-24-3
℡ 0428-20-0120
営業時間 AM10~PM6:30

DSC_0166.JPG
店内に入ると、卵や卵を利用した商品やスイーツやお菓子等が数多く・・
DSC_0156.JPGDSC_0159.JPG
かわいらしいディスプレイもしてありました。
DSC_0162.JPGDSC_0163.JPG
奥には”ふわふわダイニング”というかわいらしい名前の喫茶店が・・
DSC_0167.JPGDSC_0164.JPG
DSC_0161.JPG
中ではトーストやオムライス、卵ごはんが頂けるそうです^^
(ちなみに、卵ごはん定食には、黄身のコクを楽しむため、卵はふたつ付いているそうですよ)
IMG_20170207_0001.jpg


そして後日・・移動販売車に出会うため、事前に確認しておいた場所と時間に出向いてみました。
私が行った時には車が止まっていて、呼びかけが流れていなかったので、
店員さんにお願いして、1度だけ流して頂きました。
聞いてみると・・「コケコッコ~・・ポン」と確かに言っている・・・。
動画も撮影したのですが、ちょっとそちらはタイミングがずれてしまい、
悲しくも「~ッコ~」の最後の部分しか撮れていませんでした。
店員さんにすぐにスピーカーを「止めていいですか?」と言われてしまい、
もう一度お願いしますとはさすがに言えず・・。
しかしながら、車内は撮影させて頂き、
DSC_0228.JPGDSC_0226.JPG
店舗では卵とメレンゲを購入したので、移動販売ではプリンを購入しました。

ちょっと値段は高めですが、卵は普通のより黄身の濃度が高く、
白身は普通の卵の2倍程の弾力がありました。
なにしろ、飼料配分にも工夫された自社の養鶏場で採れた生みたての卵を販売しているようで、
メレンゲやプリンは、甘めではあるもの、味が濃厚・・
卵かけごはんでは、より新鮮味を感じながらとても美味しく頂く事が出来ました[わーい(嬉しい顔)]



掲載雑誌
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サライ 2015年6月号
価格:700円(税込、送料別) (2017/2/10時点)









スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

国際製菓専門学校文化祭 (立川高島屋でのパン、製菓販売) [たえの日記]

国際製菓専門学校文化祭の一環で毎年開催されている立川高島屋でのパン・製菓販売
今年も行ってきました。
正面入り口には、まず生徒さんたちが共同制作した作品・・
今年は「大熊猫」というタイトルの日中友好をテーマとしたかわいらしいオリジナル作品でした。

DSC_0217.JPGDSC_0215.JPG
そして店内にある様々な作品
DSC_0213.JPGDSC_0212.JPG
DSC_0205.JPGDSC_0211.JPG
マジパンの工程も書いてありました。
DSC_0209.JPGDSC_0210.JPG
本当に繊細に素敵に作られていて、どれも芸術品のようでした。

こちらはセルジュ・グランジュというショコラティエの作品です。
DSC_0203.JPGDSC_0204.JPG


販売しているものは、味もなかなかおいしいので、今年は昨年より多めに買ってきました。
DSC_0220.JPG
上から時計回りに、イギリスパン、チーズブレッド、洋菓子セット、ラスク(ガーリック)、
真ん中は和菓子セットです。

生徒さんたちによる、立川高島屋での、パン・製菓販売は
毎年、ほぼ2月の第一の土・日曜日に学校での文化祭と同時に開催されています。









スポンサードリンク


人気ブログランキングへ

高幡不動尊金剛寺節分祭・・立春 [たえの日記]

2月3日は節分・・という事で、高幡不動にある
高幡不動尊節分祭に行ってきました。
近頃では、地元の神社になった初詣も、7年程前までは、毎年初詣では
高幡不動尊・・なので久しぶりで、懐かしくもありました。
モノレールで高幡不動尊まで・・。
駅から徒歩で5分程です。モノレールが出来て、立川から行くには、便利になりました。
高幡不動参道を通り、1分ほどの所に高幡不動尊はあります。
DSC_0168.JPG
私は、最終・4時の会の豆まきに参加しようと行ったのですが、到着したのが45分ほど前と早く、
前回の豆まきがまだ終わっていなかったので、山門前でだいぶ待たされました。
DSC_0171.JPG
いざ、山門をくぐり、ワクワク感が高まってきました。
何せ、節分祭なるものに参加するのは初めてだったもので・・。
高幡不動尊で参加する芸能人はつのだひろ氏と東貴博氏。
DSC_0172.JPG
そして、開始時刻になると、参進と呼ばれる行列で僧侶や芸能人などがやってきました。
中でも、つのだひろさんはとても目立ちました。
DSC_0177.JPG
ミス日本「海の日」
DSC_0178.JPG
そして舞台上に揃った主役たち・・
ピーポー君やキュータ君
DSC_0180.JPGDSC_0186.JPG
キティちゃんも・・・
DSC_0185.JPG
とってもかわいかったです。
舞妓さんの姿も
DSC_0187.JPG
そして東氏(あずMAX)
DSC_0181.JPG
私は東氏の前の、かなり前列に並ぶ事が出来ました。


そして、いざ、豆まき開始・・。
いっせいに一粒一粒の豆が飛び交います。
まるで戦の始まりのようでした[がく~(落胆した顔)]
あずMAXの投げ方はまたパワーがあり、
取ろうとしてもなかなか取れず・・
それでも、私も豆を取るのと、除けるのとで、必死でした。
まさしく、鬼になった気分?
豆の威力はちょっと怖かったけれど、節分行事を強く味わえて、とても楽しかったですよ。
今回は初めてで、何も考えていませんでしたが、
次回、節分祭には、ゴーグルや紙袋が必要かもしれないことを学びました^^

結果、私は一粒も取れずでしたが、久しぶりに一緒に出掛けてくれた息子が3粒取ったので、
1粒分けてもらい、即、食べました。お陰でお利益ありそうです[わーい(嬉しい顔)]
1486177223353.jpg


帰り際には五重ノ塔
DSC_0192.JPG
土方歳三の像を見てきました。
DSC_0194.JPG
参考までにですが、五重ノ塔、普段は内覧できませんが、4月28日のみ内覧が可能だそうです。

そして、冷え切った体を温めるため、不動尊の前にある開運そばのお店へ。
DSC_0170.JPG
DSC_0196.JPG
落ち着く空間の店内で、温かくおいしい開運そばを頂き、体も芯から温まりました。
DSC_0197.JPG
ちなみに、ここは金運上昇の席でした。

最後に、参道では有名でおいしい甘栗をお土産に購入してから家路につきました。
DSC_0198.JPG


さて、今日は立春ですね。
立春は、本来の一年の始まりの日だそうです。
本来ならば、神社仏閣で配られる「立春大吉」や「一陽来福」のお札を玄関や家の出入り口に貼ると、
一年間災難に遭わないと言われているそうですが、私は昨日、高幡不動尊でお札を頂けるのか
確認せず帰ってきてしまいましたので、自分で筆ペンで書いて、玄関に貼っておきました。

DSC_0199.JPGNCM_0400.JPG






スポンサードリンク


人気ブログランキングへ