So-net無料ブログ作成
検索選択
たえの日記 ブログトップ
前の10件 | -

青梅塩船観音寺あじさい鑑賞 [たえの日記]

予定では21日に行くつもりだった塩船観音寺へのあじさい鑑賞・・・
予報では風雨・雷雨という事で急遽取りやめ、翌日22日に行ってきました。
結果、かなりの雨の翌日・・あまり日も差していない早朝・・・
あじさい鑑賞には良いコンディションとなりました。
DSC_0713.JPGDSC_0665.JPG
ー塩船観音寺ー
当観音寺は山号を大悲山と称し、寺は地名の塩船をつけて”大悲山塩船観音寺”と言う
塩船とは、周囲の地形が小丘に囲まれ、船の形に似ており、
仏が衆生を救おうとする大きな願いの舟である“弘誓の舟”になぞらえて塩船と名付けられた
ー当寺パンフレットよりー

早速山門脇より咲いていたあじさいの花
DSC_0666.JPG
そして歩いていくと・・
東京都指定天然物の大きな杉の木
DSC_0670.JPG
神社やお寺にある大木はなんだかとってもパワーを感じます。

思わずこちらは旗の文字に引き寄せられ、お賽銭をしました。
”ぼけ封じ薬師”と書かれています。
DSC_0710.JPG
そして本堂です。
DSC_0693.JPG
DSC_0708.JPGDSC_0711.JPG
建立は室町時代。屋根は茅に杉皮を挟んで葺いた混ぜ葺きになっているそうです。

御朱印は本堂前の売店で頂く事が出来ました。
DSC_0715.JPG
そして売店の脇道よりあじさいの小路へとつながります。
見頃を迎えたあじさい。それほど本数が多いわけではありませんが、山の丘陵地、
小路に沿って広範囲にあじさいが咲いていてとても綺麗でした。
DSC_0671.JPGDSC_0673.JPG
DSC_0674.JPGDSC_0675.JPG
特に綺麗な気がする濃いブルーのあじさい
DSC_0678.JPGDSC_0685.JPG
DSC_0682.JPG
”マムシ注意”と書かれていた、ため池もありました。
DSC_0684.JPG
DSC_0689.JPG
微妙に色違い・・
私的にはこんな色合いのあじさいが好きです。
DSC_0688.JPGDSC_0687.JPG
DSC_0686.JPG
DSC_0692.JPG
銅鐘とあじさい
お寺ならではのコラボです。
DSC_0694.JPG

ここ塩船観音はつつじで有名な場所です。
なのでつつじ開花の5月の上旬頃は、とにかくもの凄い人で賑わいますが、
あじさいの時期はとてもひっそり・・
けれどその分とてもしっとりとしたあじさい鑑賞が出来て、穴場としてお勧めです。
そんなつつじ園、上から今時期見渡すとこんな感じです。
DSC_0697.JPGDSC_0699.JPG
頂上には観音様も立っていて、遠い山々をも見渡す事が出来ますよ。
晴れた日には遠く、富士山も見えるそうです。
DSC_0702.JPGDSC_0700.JPG
平和観音像
DSC_0706.JPG

IMG_20170622_0001.jpg

















人気ブログランキングへ
nice!(36)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

写真家ソールライター ー急がない人生で見つけた13のこと(DVD紹介)ー [たえの日記]

以前渋谷のBunkamuraで見てきたソールライターの写真展、
その時写真と共に書かれていたメッセージが気になっていたので、
その後DVDを購入、鑑賞してみました。

ー急がない人生で見つけた13のことー

1.カメラ
2.箱入りのカラー
3.遺す
4.神に至る道
5.写真を本気で
6.じっとしている
7.写真を探しに
8.良い仕事を
9.快い混乱
10.左耳をくすぐる
11.美術を分かち合う
12.急ぐ理由はない
13.美を求めて

13のショートタイトルをもとに、ソールライターが淡々と語る様子や、
日常の生活などが描かれたDVDです。
有名な写真家でありながらも、表舞台に出る事を好まず、決して自分を誇張する事のない
ソールライターの生き方と作品が紹介されています。
(紹介作品の一枚)
IMG_20170621_0002.jpg
1952年 郵便配達人たち


”肝心なのは何かを手に入れるかじゃなくて何かを捨てるかなんだ”
”人々が真剣に受け止めている事を見てみると、大半はそんなに深刻に受け止めるに値しない
重要だと思われている大抵の事はそこまで重要じゃない・・
大半の心配事は心配に値しないものだ”

私たちにそっと冷静さを与えてくれるようなメッセージ・・・
写真展の中で写真と共に私はそのメッセージに足を止めてしまったのですが、
DVDで見てみると、改めて慌ただしくしている生活の毎日に大切な事は何か・・
ふと考えさせられた気がしました。














人気ブログランキングへ
nice!(40)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マックハンバーガー(期間限定) [たえの日記]

日曜日の昼食、マックでハンバーガを買ってきました。
月に二回ぐらいは食べたくなるんですよね…
(正直、しょっちゅう食事作るのも面倒だし・・)
私はダブルチーズバーガー(通常価格単品320円)(2017年6月現在)
(写真を撮ろうと思いつつ、食べてしまったのでこちらはyahoo画像になります)
yjimage (7).jpg

息子たちはビッグマック(通常価格単品380円)
DSC_0650.JPG
そしてメタボで本来食事を控えなければいけない旦那さんは
グランドビッグマック(通常価格単品490円)が食べたいというので・・
DSC_0651.JPG
違いは、何と言っても大きさ。
バンズとビーブパティはビッグマックの1.3倍超えらしいです。
(比べてみるとわかりやすいかも…)
DSC_0655.JPG



その他、買ったわけではありませんが昨年話題を呼んだ
ギガビッグマック(通常価格単品700円)もありました。こちらはビッグマックの2.8倍・・・
お肉が二段づつ入っていて、食べ応えがありそうです。
yjimageZA9HJY2U.jpg
グランドコーク(290円)とグランドフライ(370円)も・・
yjimageEQMQO0V0.jpg
グランドコークはMサイズの約2倍、グランドポテトはMサイズの約1.7倍というのですから、
こちらもかなりの大きさですね。

ちなみに我が家でjは、食べる時間がまちまちになってしまうのと、節約のため、
ポテトはここのところ冷凍食品を利用…この日はハッシュポテトを食べました。
(温かいものを食べられるし安上がりなので、持ち帰りの時はこちらの方が良いです)
DSC_0647.JPG
ところで、旦那さんが食べたグランドビッグマックは少々味が薄かったらしく・・
これはあくまでも個人的な感想ですが”ビッグマックの方がおいしい”と言っていました。
けれど、期間限定商品なので、興味がある方は是非この機会に食べてみてはいかかでしょうか?
なんでもグランドビッグマックやギガビッグマックの販売、予定では6月下旬頃までだそうです。







人気ブログランキングへ
nice!(49)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソールライター展と喫茶ライオン [たえの日記]

先日、古河庭園を後にし、渋谷に向かいました。
目的は、Bunkamuraザ・ミュージアムでの、展覧会を見る為…
DSC_0623.JPG
DSC_0573.JPG
本当は、このチケットで、もう少し前に開催されていた河鍋暁斉展に行きたいと思っていたのですが、
行く事が出来なかったので、その後開催された展覧会、ソールライター展に行ってきました。
DSC_0625.JPG
こんな感じの人物なのですね。
DSC_0626.JPG
ソールライターという人を、私は今回初めて知ったのですが、
1940年代から絵画のように、
豊かな表現力で、ニューヨークを撮影したカラー写真の先駆者であり、
有名ファッション誌の表紙も飾った伝説の写真家だそうです。
皆さんの中には深く御存じの方がいるかもしれないですね。

そして、私は、個人の写真展覧会を見たのは始めてだったのですが、今回の展覧会では、
様々な視点から写真を撮る面白さ、写真と絵画の両局面から見る事が出来る面白さ、
そしてソールライターが伝えようとしたメッセージに興味を持つ事が出来、
単純ながら、写真展を楽しむ事が出来ました。
IMG_20170604_0001.jpg
ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソールライター展
渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムにて6月25日(日)まで開催



その後は、一度は行ってみたいと思っていた喫茶”ライオン”へ。
DSC_0627.JPG
Bunkamuraからはすぐの所でしたが、百軒店(ひゃくけんだな)の一角、
怪しげなホテル街に佇んでいた為、
なんだか喫茶店のドア開けるにもちょっぴり妙なドキドキ感・・
DSC_0628.JPG
DSC_0629.JPG
けれど店内は入ってみたら、賑やかな渋谷とは思えないような、
大正か昭和にタイムスリップしたような落ち着いた空間でした。


席に着くと音楽のプログラムとメニューが渡されます。
DSC_0642.JPG
店内にはなんでも帝都随一という立体音響装置があり、、
名曲が絶えず流れていて、リクエストも受け付けて下さるようです。
席に着き、ずっと音楽に耳を傾けていると、
日常の疲れがふと体から抜けていくような心地良さ・・・
普段では味合わないような感覚に若干の落ち着かなさはあったものの、
たまには、こんな非日常的な空間で時間を過ごすのも良いな…と思いました。

DSC_0638.JPG



人気ブログランキングへ
nice!(46)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

旧古河庭園バラフェスタ [たえの日記]

29日の日、駒込にある旧古河庭園に行ってきました。
旧古河庭園では31日までバラフェスタ、開催中です。
DSC_0585.JPG
DSC_0588.JPG
DSC_0589.JPG
入ってすぐ目に飛び込んでくる石造りの洋館が旧古河邸、
豪壮でおしゃれな建物です。
DSC_0586.JPG
DSC_0587.JPG
館内に入るには事前予約が必要のようですが、時間帯で見学が出来るようです。
DSC_0593.JPGDSC_0594.JPG
園内にはこんな木陰の空間もありました。
DSC_0590.JPG
DSC_0590.JPGDSC_0591.JPGDSC_0592.JPG


バラフェスタ、終わりに近づいていたせいか、満開とはいかず、所々咲いている・・
といった感じでしたが、バラは存在感があるので、とても綺麗でした。
何種類かのバラの花をネームプレートと一緒に映してみました。
DSC_0595.JPG
DSC_0596.JPG

DSC_0597.JPGDSC_0598.JPG
バラは花弁を手で温めると、更に香りが増すようで、実際にやってみたら、
確かに香りが強まった気がしました。
DSC_0599.JPGDSC_0600.JPG
DSC_0602.JPGDSC_0601.JPG<DSC_0604.JPGDSC_0603.JPG
”カーディナル”は、最もバラらしい発色のような気がしました。
情熱的な紅い色がとても美しい[揺れるハート]
DSC_0606.JPGDSC_0605.JPG
DSC_0607.JPG
DSC_0608.JPG
DSC_0609.JPG

日本庭園も趣きがあり、散策していると時折心地良い風が吹き・・気持ちが良かったです。
DSC_0610.JPG
DSC_0611.JPG
DSC_0612.JPG
DSC_0616.JPGDSC_0615.JPG
DSC_0614.JPG
DSC_0618.JPG
ふと、この洋館を見ていて思ったのが、鎌倉文学館に似ているなぁ、という事・・・
なんだかこの角度からの写真、最も似ている気が・・
という事で、並べてみました。
NCM_0135.JPG
(2015年5月撮影)


DSC_0620.JPGDSC_0619.JPG
DSC_0622.JPGDSC_0621.JPG
この日はかなり気温が上昇・・・旧古河庭園は暑くて40分ほどで切り上げましたが、
花の香りと自然の緑に癒された良い時間を過ごす事が出来ました。

この後、一番の目的であった渋谷に向かいます[バス]








人気ブログランキングへ
nice!(43)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

木苺ジャム [たえの日記]

木苺をたくさん頂いたので、ジャムを作ってみました。
DSC_0559.JPG
木苺とはいわゆるラズベリーやブラックベリーの事なんですね。
DSC_0560.JPG

お砂糖を加えて半日ほどおいてから中火で10分程・・
DSC_0561.JPG
さらにレモン汁を加えて20分程煮てから、煮沸消毒した瓶に詰めたものがこちらです。
DSC_0564.JPG
ジャムを瓶に入れたら、さらに熱湯の中に入れ、40分程煮てようやく食べれる・・
ちょっと時間がかかるけれどジャムの出来上がりです。

そしてクラッカーにでものせて、頂きま~す[わーい(嬉しい顔)]
DSC_0567.JPG
だいぶ水分はなくなってしまいましたが、
プチプチとした食感、ちょっぴり甘ずっぱさを楽しみながら、
美味しく頂く事が出来ました。







人気ブログランキングへ
タグ:ジャム 木苺
nice!(50)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母の日だったけれど・・ [たえの日記]

昨日、14日の日は、母の日でしたが、私はアロマテラピー検定受験のため、市ヶ谷まで出かけました。
通信教育で始めたものの、何か今後に結び付けば・・という事で、検定に至った訳であります。

市ヶ谷駅で降りたのは初めて・・駅のホームの目の前がお堀なのですね。
どうも田舎者なのか、お堀の水はとても汚かったですが、物珍しく、こんな景色まで撮ってしまいました。
DSC_0549.JPGDSC_0550.JPG
DSC_0551.JPG
そして試験会場は駅からすぐの市ヶ谷カンファレンスセンター
DSC_0552.JPG
受験は4フロアー位、何部屋かで行われていたようですが、
とにかく凄い人でした。こんなにもアロマ検定を受験する人がいるのだとびっくりしました。
男性も多く受験されていましたよ。今や、香りを気にするお洒落な男性が多いのかもしれませんね。
試験は・・と言えば、ポイントヶ所は押えられた気はしますが、なにせ勉強不足であったので、
合格かどうかは微妙な所です。
けれど、もう〇十年ぶりの検定試験。ちょっぴりワクワク、若い頃に戻ったような楽しい気持ちで
受ける事が出来ました。

試験は1時間10分で終了。
それから自宅の最寄駅まで直帰しました。

駅前のショッピングモールでは母の日だった為、、たくさんの花が並んでいました。
うちの旦那さんは母の日とか無関心な人・・・
そのせいか子供も大して関心もない・・
けれど、おととし長男には初めてカーネーションを買ってもらい嬉しかったものの、
今年は何もないだろう・・と思って既に、ちょっぴり悲しい気持ちを抱きながら、
店先の花を写真に撮って帰りました。

それぞれの花がとっても綺麗です…
DSC_0554.JPGDSC_0556.JPG
DSC_0557.JPG
だけどやっぱり母の日には真っ赤なカーネーションがお似合いかもしれません[ぴかぴか(新しい)]
DSC_0558.JPG

結局、その日、夜まで待てど、母の日らしいプレゼントは何もありませんでした。


ところで私は・・・実家の母には2日ほど前にプレゼントを届けに行ってきました。
近くのスーパーで、掘り出し物市みたいのをやっていて、そこで見つけた”アベンチュリン”という
宝石のペンダントトップ。安い物でしたけど…中でもキラキラとしていて綺麗に見えて・・
なんでもヒスイに似ていて、代用品としても売られている宝石らしいですが、
健康・長寿を意味するって事に魅かれて買いました。
父は早くに(と言っても、私が中学生の頃)亡くなっていますので、その分までも、
母にはいつまでも健康で呆けずに長生きしてほしいと願っています。

11268378.jpg
又また撮りそびれ・・これはプレゼントした実物ではなく
yahoo画像からの引用品ですがこんな感じの物でした





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美しさと価値がわかる見て楽しい宝石の本 [ 松本浩 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/5/15時点)

















人気ブログランキングへ
nice!(56)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

<茨城旅行PART2>大洗シラス丼とめんたいパーク [たえの日記]

ひたち海浜公園を出た後、大洗漁港に向かいました。
今度は海の青…
DSC_0488.JPGDSC_0489.JPGDSC_0490.JPG
DSC_0491.JPG
途中、那珂湊おさかな市場があり、ものすごい渋滞中・・・
前日にフジテレビのおじゃマップで海花亭を紹介していたし、そちらの海鮮丼も魅力的だったけれど、
手ごろな価格のシラス丼を食べようと思っていたので大洗漁港へ裏道から直行しました。

途中見えた「神磯の鳥居」
DSC_0493.JPG
「ガールズ&パンツァー」の舞台にもなったという大洗・・こんなパネルもありました。
DSC_0495.JPG
そしてお昼は、漁師の母ちゃんのおふくろの味が味わえるという”かあちゃんの店”
DSC_0494.JPG
しかしながらものすごい行列が出来ていて、またここでも1時間程待ちました。
DSC_0505.JPGDSC_0496.JPG
そして待ちわびて食べた生シラス丼。
DSC_0502.JPGDSC_0504.JPG
新鮮で生臭みもなく、とってもおいしかったです。
シラスもご飯もとってもボリュームがあり、私のお腹はとても満足でした。

しかし食べ終わった後に、旦那さんはまだ何か食べる・・という事で、
目の前にあったこちらの市場で
DSC_0510.JPG
カニの味噌汁を買って食べていました。
DSC_0507.JPG
他にも海鮮串焼きや貝焼き・・その場で焼いてくれていましたよ。
DSC_0506.JPGDSC_0509.JPG
昼食の後はこんなものを目にしながら、かねふくのめんたいパークへ。
DSC_0512.JPG
DSC_0516.JPGDSC_0515.JPG
DSC_0514.JPG
かわいいめんたいこのキャラクター、タラピヨ(左)とタラコン博士(右)
DSC_0513.JPGDSC_0517.JPG
めんたいこミュージアムで、製造過程なども見学してみました。
DSC_0522.JPG
DSC_0530.JPG
DSC_0529.JPG
DSC_0528.JPG
中には売店もあり、試食もできたようですが、こちらもとにかくもの凄い人。
お土産にめんたいこせんべいでも買って帰りたいと思っていたものの、
レジ待ちで、かなり時間がかかりそうだったのでこちらは諦めて帰る事にしました。




その後大洗港へ行って見ると海上保安庁の船”あかぎ”が停泊。
かっこ良かったです[ぴかぴか(新しい)]
DSC_0533.JPG
そしてちょうど入港してきたサンフラワー号
DSC_0535.JPG
何ともグッドタイミングでした。

その後少し車で走ったものの、大の釣り好きの旦那さんがどうしても釣りがして帰りたい・・との事で、
車を止めたのがあまり人も立ち入らないような場所・・・
DSC_0536.JPG
DSC_0539.JPGDSC_0540.JPG
浜辺は案外綺麗で波も穏やかなようでしたが、うちの旦那さんは浜辺では満足がいかず、
テトラポットの所で釣りをするのです。
それがテトラポットの、もの凄く危険そうな場所(一番上の写真:海に突き出た所)。
そして、釣りをし始めたものの、少し絶つと、あまりにも強風で立っていられない程になり、
満潮時刻なのか、波も高まり恐ろしい状況になりました。
(その時の写真は撮る余裕がなかったのでありません)
私が必死に辞めた方が良いと促すと、ようやく旦那さんもこれでは無理だと感じたのか、
退散する事になりましたが、海の怖さをも間近に感じた瞬間でした。

とはいえ、旅の最後はこんな感じになってしまいましたが、
何といっても今回、一度は行ってみたかったネモフィラの絶景を見る事、
一度は食べたかった生シラス丼を浜辺で食べる事が出来たので、満足の行く旅になりました。
結局旦那さんもほとんど釣りが出来なかったものの、同じ気持ちのようでした。

帰りは東関東道から湾岸線を通り帰宅。
途中首都高当たりでは旅の終わりを思わせるこんな夕景も見る事が出来ました。
<日暮れのレインボーーブリッジ>
DSC_0543.JPG
<帰路の車列と夕焼け>
DSC_0545.JPG



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶ茨城(’17) 大洗 水戸 笠間 (るるぶ情報版)
価格:918円(税込、送料無料) (2017/5/8時点)



<お土産に買ったメロンケーキ>
DSC_0548.JPG








人気ブログランキングへ
nice!(48)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

<茨城旅行PART1 >ひたち海浜公園 [たえの日記]

GW中の4日の日、茨城にある、ひたち海浜公園に行ってきました。
世界の絶景にも選ばれ、一度は行ってみたいと思っていた場所・・・
それだけに、有名な観光地でもある為、かなりの混雑を覚悟で、自宅をAM4:30に出発。
三郷から常磐道を通り、海浜公園に着いたのはAM6:30頃…
しかしながら駐車場の列は凄い渋滞ながらも、公園駐車場は開門しておらず、40分ほど待ちました。
そして駐車場開門し、ようやく入口ゲートが開いたAM7:30。
私達が入場できたのはこの時刻・・
DSC_0404.JPG
DSC_0403.JPG
DSC_0405.JPG
ネモフィラが見える、みはらしの丘目指してか多くの人たちが急ぎ足です。
DSC_0406.JPG
DSC_0407.JPGDSC_0408.JPG
途中鮮やかな花々に目を奪われながらも私も急ぎ足・・
何と言っても人がものすごく混む前にネモフィラ見晴の丘頂上まで登りたいが為。
DSC_0409.JPG
DSC_0411.JPGDSC_0412.JPG
そして看板が・・・
DSC_0414.JPGDSC_0418.JPG
ここからは一面がネモフィラのブルーの世界・・・
残念ながらこの日、空には雲がかかってしまい、青空との共演・・とはいかなかったけれど
DSC_0423.JPGDSC_0422.JPG
可憐なネモフィラはかわいらしいく、一面を覆う淡いブルーの景色は本当に素晴らしかったです[わーい(嬉しい顔)]
DSC_0417.JPGDSC_0419.JPG
ネモフィラ
北米原産の一年草で和名は瑠璃唐草
草丈は15cm程と小ぶりだが比較的寒さに強く丈夫

ちなみに、ひたち海浜公園に植わっているネモフィラの数は450万本だそうです。

DSC_0427.JPG
頂上を目指して多くの人が…
DSC_0435.JPG
そして着いた頂上[わーい(嬉しい顔)]
ここから眺めた景色は太平洋をも一望できる・・・
海風と花の香りが心地よく、思わず深呼吸・・・思いっきり気持ちが良い[グッド(上向き矢印)]
DSC_0431.JPG
DSC_0439.JPG
DSC_0440.JPG

そして余韻を残しつつも下り坂へ。行きとはまた違う道で下る事となり・・
DSC_0441.JPGDSC_0443.JPG
DSC_0445.JPGDSC_0446.JPG
DSC_0447.JPG
下ったところには菜の花と共演のネモフィラ・・・
DSC_0451.JPGDSC_0454.JPG
そして古民家がありました。
DSC_0449.JPGDSC_0450.JPG

その後、遠くに見えていた観覧車に旦那さんが乗りたい・・との事で行ってみる事にしました。
近くで見上げると、かなりの高さ。
DSC_0465.JPG
DSC_0464.JPG
頂上での海抜は100mあるとの事で・・ちょっぴり不安。
しかしながら、意を決して乗ってみると案外と広い車内でゆったり、
歩いた疲れを癒すにはちょうど良い時間(15分)でした。

頂上からの景色
DSC_0461.JPG
只、途中かなり頂上に近い場所で2度、
「お客様のご乗車に少し時間がかかりますので、いったん停止させて頂きます。
安全には問題がないのでご安心ください」なんてアナウンスが・・・その時は、ドキッとはしましたが、
その分、無事地上へ足が着いた時にはホッとしました。

その後は見事、華やかに咲いているチューリップを鑑賞しながら西口ゲートまで。
DSC_0468.JPGDSC_0472.JPG
DSC_0475.JPGDSC_0474.JPG
DSC_0476.JPGDSC_0478.JPG
DSC_0482.JPGDSC_0483.JPG
DSC_0484.JPGDSC_0487.JPG
DSC_0467.JPG
公園内にいたのは2時間ほどだったと思いますが、
それでもとても楽しむ事が出来ました。
そして、海浜公園を後にその後は昼食などの為、大洗に向かいました。

ーひたち海浜公園ー
総面積350haのうち、現在約200haが開園されている
太平洋岸に位置し、砂丘、樹林、草地、湧水地など特色ある自然環境を活かした
バーべキューや園内遊園も楽しめる広大な都市公園
春に咲くネモフィラや秋に咲くコキアのは特に有名であるが
他にもチューリップ・ひまわり・コスモスなど、四季折々様々な花をも楽しむ事が出来る



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死ぬまでに行きたい!世界の絶景 [ 詩歩 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/5/6時点)





















人気ブログランキングへ
nice!(44)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画 美女と野獣 [たえの日記]

映画、美女と野獣、観てきました。

今年はミュージカル映画が目白押し・・・
その中でも美女と野獣はディズニーによって実写化されたもの・・
次から次へと流れる心踊らされる音楽、愛の物語には胸のときめきが止まらない・・・


愛の物語に胸がときめく7の理由
1.同じ孤独を抱える二人がお互いに本当の自分を求め合う真実の愛が心にグッとくる
2.数々の困難を乗り越え自らの意志で運命を見出す現代のヒロインに共感
3.豪華スターの美しい歌声と表現力が光るミュージカルに酔いしれる
4.クセは強いが愛おしい個性派・脇役キャラたちがドラマを盛り上げる
5.魔法のようにスぺクタルに満ちた美しい映像世界に魅了される
6.感動と衝撃に満ちた新たなエピソード・・アニメーションにはなかった知らざれる親子愛に涙する
7.歌姫とR&Bのスターがエンドソングでは物語の余韻を残してくれる

ーSTORYー
魔女によって野獣の姿に変えられた美しい王子。
呪いを解く鍵は、魔法のバラの花びらがすべて散る前に
誰かを心から愛し、そして愛されること・・・
絶望の中、彼はベルという女性に出会う。
自分らしく生きながらも心に孤独を抱えるベル。
はたして、彼女は王子の運命を変えることが出来るのか?
ー美女と野獣パンフレット・シネコン参照ー

IMG_20170429_0001.jpg

<字幕版>
主演 エマ・ワトソン(ベル)
    ダン・スティーヴンス(野獣)
    ケヴィン・クライン(モーリス)
    ルーク・エヴァンス(ガストン)
    ジュジュ・ギャッド(ル・フウ)
    ユアン・マクレガー(ルミエール)
    エマ・トンプソン(ポット夫人)他

<吹き替え版>
主演 昆夏美(ベル)
    山崎育三郎(野獣)
    村井国夫(モーリス)
    吉原光男(ガストン)
    藤井隆(ル・フウ)
    成河(そんは)(ルミエール)
    岩崎宏美(ポット夫人)他

エンドソング
・美女と野獣(アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンド)
・ひそかな夢
・時は永遠に(セリーヌ・ディオン)

どの曲も素敵[揺れるハート]でしたが、特に歌詞が素敵だったセリーヌ・ディオンの

ー時は永遠にー

どうして瞬間は永遠に続くのか?
どうして物語は死なないのか?
愛だけは守り抜かなくてはならない
簡単ではないがやってみよう
幸せがつかまるときもある
時と場所がとどまることもある
愛は心の中に生き続ける
これからもずっと

分が時間に変わり
日が年に変わり そして消え去る
でも他の全てが忘れ去られても
私たちの歌は生き続ける

それほど完壁ではないときもあっただろう
それほど甘くない思い出もあるだろう
しかし苦しいときを知らなければ
人は不完全なのだ
影が私たちを覆うとき
希望がすべて消えたと感じるそのとき
この歌を聞き 再び知るだろう
私たちの愛は生き続けると・・・・









DSC_0400.JPGDSC_0399.JPG

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LEDライト 美女と野獣 Disney Crystal
価格:4212円(税込、送料別) (2017/4/30時点)


















人気ブログランキングへ
nice!(53)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - たえの日記 ブログトップ