So-net無料ブログ作成
検索選択

府中美術館ー歌川国芳展ー [たえの日記]

19日の日、府中美術館へ行ってきました。
暑いくらいの一日でしたが、とても天気が良く、輝いて見えた美術館前の水の流れ・・・
左手前は桜の一種?が綺麗に咲いていました。
DSC_0388.JPG
こちらは春紅葉・・春先の紅葉も良いものです。
DSC_0390.JPG
そして今回のお目当ては・・歌川国芳展
DSC_0391.JPG
美術館エントランス
DSC_0393.JPGDSC_0394.JPG
今回の展覧会は、前期(3月11日~4月9日)と後期(4月11日~5月7日)に分かれていて、
前期が133点、後期が131点、合わせて262点の全てが違う作品の展示だそうです。

ー歌川国芳ー
今や世界的に人気の高い葛飾北斎などと並ぶ
幕政批判やドラマチックな活劇の武者絵、役者絵、風景画、戯画など
多彩なジャンルを描いた浮世絵師

国芳は歌川派の弟子として15歳になった時に(歌川)富国に入門したが
その後は長期にわたり低迷
それでも努力を怠らなかった国芳が31歳の時にヒットを飛ばしたきっかけになったのが
中国の豪傑を一人づつ描いた武者絵シリーズである

武者絵「水滸伝」シリ-ズは、今回の展覧会(後期)で展示されているのは12点程、
その中の一枚です。
(以下、「東都三つ又の図」を除き、今回(後期)の展覧会で展示されている作品)
(以下、写真はすべてyahooからの引用、文章は一部歌川国芳絵画集からの引用・参考)

武者絵
「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人(つうぞくすいこでんごうけつひゃくはちにんのひとり)」
5ca3a33b126082393bb3bec8e5b18a45.jpg

こちらは役者絵
「隅田川七福神の内 寿老人」
201-2068.jpg
とても迫力・躍動感があります。
そして迫力があると言えばこんな作品も・・
「西塔鬼若丸」
oniwakamaru.jpg
鬼若丸、すなわち弁慶・・
鯉の大きさもさることながら、弁慶もとても勇敢に見えます。
「宮本武蔵と巨鯨」
kuniyoshi023_main.jpg
こちらの宮本武蔵は弁慶とは対照的に、とても小さく描かれていますが、
鯨の巨大さにも果敢に挑み、一太刀を下そうとする緊張感が伝わってきます。
(実際にはこれは、小説”南総里見八犬伝”の影響を受けた作品のようです)


風景画
「東都御川岸之図(とうとおんまやがしのず)」
rain_b.jpg
雨足の激しさが伝わってくるような独創的な作品
(ちょっとしたミステリー?といえば、右の傘に描かれた”千八百六十一番”の数字は、
国芳の没年だそうです)

そして、「東都三つ又の図」という作品、当時まだ当然のことながら、
建設されていなかったスカイツリーが描かれているという事で、この頃話題?になり、
実際に観てみたかったのですが、こちらは前期に展示されていたようでした(前期はすでに終了)
「東都三つ又の図」
yjimage.jpg

戯画
「朝比奈小人嶋遊(あさひなこびとじまあそび)」
kobito.jpg
ガリバー旅行記を彷彿させるような作品ですが、強力無双で知られるらしき朝比奈が、微笑んだ姿が
ユーモアたっぷり描かれているのが魅力的

「流行猫の曲手まり」
13.jpg
かわいらしい・・
大の猫好きである国芳、この他にも猫が描かれた作品が多く登場します。

そしてこちらは私が特に印象的だった作品です。
「浮世よしづ久志」
o0444032211802116500.jpg
色々なヶ所に”~よし”と書かれていて、右上奥には、猫を抱いた邦芳の姿が描かれています。
じっと見れば見るほど、心がほんわかとなれる作品でした。


奇才天外でユーモアのある国芳の作品の数々・・・
(特に府中美術館ではゆったりと見る事が出来ますので)国芳の世界を堪能してみるのもお勧めです。

IMG_20170423_0001.jpg





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

歌川国芳 遊戯と反骨の奇才絵師【1000円以上送料無料】
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/4/23時点)







おまけ
この日、昼食に丸亀製麺で食べたあさりうどん
久しぶりだったのと、話に夢中だったので、食べ終わってから
写真を撮ってなかった事に気づきました。
なので…
DSC_0387.JPG
ちなみにあさりは大きめなのが25個、入っていましたよ。
一日分の鉄分が摂れるほどの量にとっても満足[わーい(嬉しい顔)]




人気ブログランキングへ
nice!(53)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画 SING(吹き替え版) [たえの日記]

映画 SING見てきました。
ユーモアたっぷり・・そしてミュージカルに心躍らされる素敵な映画でした。

映画では様々な動物たちが登場します。
それぞれがとってもかわいらしく個性的。

バスター・ムーン(内村光良)
yjimage.jpg
お調子者で常にポジティブなコアラ
父親から譲り受けた劇場を何としてでも存続させるために
思いつきで歌唱コンテストを開催することにする本作の主人公


アッシュ(長澤まさみ)
yjimage9266FNRV.jpg
控えめな性格の持ち主のヤマアラシ
恋人とペアでコンテストに応募したものの失恋をしてしまうが
そこからオリジナルの歌を自ら作曲し立ち治っていく強さも持ち合わせている

ミーナ(MISIA)
yjimage (2).jpg
類稀な美声の持ち主であるインドゾウ
シャイで人前に出るのが苦手でおとなしい性格の持ち主
オーディションでは歌う事が出来ずに、スタッフとして採用される

ジョニ(スキマスイッチ 大橋卓弥)
yjimage5CJZRGLR.jpg
ギャング一家に生まれ、嫌々ながらも強盗や窃盗に駆り出されるゴリラ
見た目とは違って繊細でな心の持ち主
美しい歌声・ピアノの演奏で、ステージ上でも素晴らしいパフォーマンスを披露する

グンターとロジータ(トレンディエンジェル 斉藤司・坂本真綾)
yjimageN4PBV6EL.jpg
グンター
踊れるデブなオス豚
ド派手な衣装に身を包み大胆で大げさなダンスをするキャラクター
舞台慣れしていて人前で歌う事も踊ることも恥ずかしがらないハイテンションなムードメーカー
ひょんなことからロジータとコンビを組むことになる

ロジーター
主婦ならではの視線でユーモアな発想をするメス豚
25匹の子豚たちを一生懸命に育てている
ありきたりな子育ての毎日の中でコンテストの事を聞きつけ初めて自分の目標を見つける

マイク(山寺宏一)
yjimage9SJ97URD.jpg
自信満々で傲慢なストリートミュージシャンのネズミ
お金、権力、そして派手なものが大好物
ギャングではいかさまをしたことがばれ、命を狙われることになるトラブル的存在



他、バスタームーンの秘書カレン・クローリー(田中真弓)とナナ・ヌードルマン(大地真央)
yjimage (5).jpgyjimage (4).jpg

ーあらすじー
劇場のオーナーであるバスター・ムーンは、亡き父親が財産をはたいて買ってくれた劇場を
手放さなければならないほど経営不振に陥っているが、ある日一発逆転を狙い自分の劇場を使い、
街中の動物たちを集め歌唱コンテストを開催することにする。賞金は1000ドル。
ところが、ちらしの作成ミスで賞金は10万ドルになっていた・・
劇場は瞬く間にちらしを読んだ動物たちでいっぱいになり、
早速コンテストのオーディションが行われる。
そこで最終的に選ばれたのは様々な事情を抱える6匹の動物たちだった。
様々な困難があり、一筋縄ではいかないが、歌という一つの夢のテーマに向かって、
それぞれが人生を変えるチャンスを掴む為のステージが始まる。

*写真は全てyahoo画像、文章は一部映画サイトより引用です



ー私が感じたみどころー

マイクやジョニなどが逃亡するスピード感があふれるシーン
まるでUSJのアトラクション?に乗っているようなスリル感があります。

自分の夢をかなえるため、落ち込む事はあっても常に前向きな動物たち
繊細さがあり、何か人間的な部分を感じ、見守りたくなってしまう・・
そしてまた、発想がユーモアだったり、コメディ要素満載で笑えます。

SINGでは、ロック、バラード、ポップ、ヒップホップなど
人気のナンバーが全部で65曲以上。
"SING"というタイトルだけに、この映画に使われている懐かしさも含めた曲の数々・・
歌って踊れる(上記)の動物たちの抜群の歌唱力にはさらに感動を味わえます。



今回劇中で使われている楽曲(一部)

ザ・ビートルズ  「ゴールデン・スランパー」
ビヨンセ  「クレイジー・イン・ラブ」
レディー・ガガ  「バッド・ロマンス」
きゃりーぱみゅぱみゅ  「にんじゃりばんばん」
マイケルジャクソン  「ベンのテーマ」
クリストファー・クロス  「風立ちぬ」
フランク・シナトラ  「マイ・ウェイ」
クイーン&デヴィッド・ボウイ  「アンダー・プレッシャー」
ドリー・パートン  「9時から5時まで」
テイラー・スウィフト  「シェイク・イット・オフ」

スティーヴィー・ワンダー×アリアナ・グランデ 
 「フェイスfeat.アリアナ・グランデ」(エンディング・ソング)

IMG_20170412_0001.jpg















人気ブログランキングへ
nice!(54)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひなまつり御朱印 [たえの日記]

ひなまつり限定御朱印を頂くため、新橋にある烏森(からすもり)神社に行ってきました。
今年は混雑を避けるため、例年の3月3日ではなく、3月17日~31日の14日間に御朱印が頂ける、
という事でしたので、私は29日の日に行ってきました。

DSC_0372.JPGDSC_0373.JPG

立川から中央ライナーに乗車し東京まで、
東京から山手線で新橋へ。
DSC_0359.JPG
駅からは歩いて約2分程。サラリーマンの街と言われている新橋の街中に、
神社はこじんまりと鎮座していました。
到着したのはAM8時・・・
けれどもうすでに、かなりの人が並んでいたので、当日先着300名の中、私は196番。
DSC_0360.JPG
まだまだ後ろの方にいたのですが、
受付開始時間8時半少し前より列は少しづつ動き、
30分ほどでこの辺まで・・。
DSC_0366.JPGDSC_0367.JPG
その後まもなく御朱印を頂く事が出来ました。

境内には可愛い短冊・・
DSC_0368.JPGDSC_0369.JPG
今年の干支の置物など・・
DSC_0365.JPGDSC_0361.JPG
IMG_20170330_0001.jpg
そしてお守りの中には、烏森神社のいわれである烏のお守りもありましたが、
(写真を撮る事が出来なかった為)烏森神社パンフレットより抜粋させて頂きました。


今回頂いた御朱印はこんな感じ・・・
DSC_0379.JPG
ひな祭りらしくとてもかわいい、朝早くから並んだだけの甲斐がある御朱印でした。
中にはお守りや長寿梅茶も一緒に入っていましたので、お守りはお財布に入れ、
梅茶は長生きできるように願いを込めながら、その日の晩に、美味しく頂きました。


おまけ 
新橋駅前SL広場
DSC_0375.JPG
DSC_0374.JPG







人気ブログランキングへ
nice!(54)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

甘味 [たえの日記]

先日のお彼岸で、おはぎを作ったのですが、あんこときな粉が残ってしまったので、
後日、あんみつとわらび餅にして食べました。

みつまめは市販のものにをあんをのせ・・・
DSC_0333.JPG

わらび餅はわらび餅粉を買って、作ってみました。
DSC_0335.JPG
材料(わらび餅粉、水、砂糖)を鍋に入れ混ぜ合わせ、火にかけてさらに混ぜ合わせます。
DSC_0352.JPG
だんだんとこんな色になってきます。
DSC_0353.JPG
木しゃもじがなく、スプー-ンでかき混ぜていたせいか、結構な力が要りました。
DSC_0355.JPG
だんだんと透明になってきますので、そしたら火を止めて、容器に移し替え、容器ごと水にさらし、
一口づつカットしてきな粉をまぶします。
DSC_0334.JPG
出来上がりはこんな感じ・・
食べる際には黒蜜をかけて頂きます。
DSC_0357.JPG
できたものを買うと案外高いけど、作ってみると10分程で出来てしまううえ、
柔らかくてとっても美味しいです^^

そして後日今度は煮リンゴと甘酒を作りました。
DSC_0341.JPG
甘酒や煮リンゴは腸にとっても良いそうです。
腸活に関心がある私は、甘酒が特に好きなので、日頃からちょくちょく飲んでいます。

煮リンゴで乗せた生クリーム、1パック分泡立ててしまったので、
さらに後日、イチゴババロアも作りました。
裏ごししたイチゴに
DSC_0345.JPG
(私の場合)先にレンジで温めた少量の牛乳にゼラチンを溶かしておきます。
そしてそれを少しずつ入れます。
DSC_0346.JPG
さらに泡立てしておいた生クリームを入れて、
(今回若干泡立ちが甘いですが)
DSC_0347.JPG
器にうつして、できあがり
DSC_0351.JPG
煮リンゴに飾ったペパーミント、また添えてみました[ぴかぴか(新しい)]

なんだかんだと、簡単にできる甘味を作って食べた、甘い一週間でした[わーい(嬉しい顔)]








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可-2】粉の郷 わらびもち粉 200g
価格:129円(税込、送料別) (2017/3/26時点)

















人気ブログランキングへ
nice!(45)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春の食 [たえの日記]

知り合いからノビルとフキノトウを頂きましたので、料理してみました。
ノビルは酢味噌に・・
DSC_0322.JPG
フキノトウは天ぷらに・・
DSC_0324.JPG
どちらも美味しく、春の食を一足早く頂きました。

そしてこちらはあまり見かけないものがスーパーで売っていたので、買って食べてみました。
レバースモーク
DSC_0325.JPG
かなり濃厚なレバーとスモークの味ですが、お酒が好きな人には止みつきになりそうな味でした。
(ちょっとわかりづらい食レポですね^^)

バンガシウス(ベトナム産)のムニエル
DSC_0326.JPG
バンガシウス??しかもベトナム産・・だいぶ戸惑って買ってみたものの、
ほとんど臭みもなく淡白で美味しいお魚でした。
どうやらバンガシウスは東南アジア産のナマズらしいのです。
食べた後で知りました(@_@)

そして後日、今度はだんなさまが職場からウドを頂いてきました。
なのでまた、酢味噌と天ぷらにしてみました。
DSC_0330.JPG
DSC_0331.JPG
こちらも新鮮で柔らかく、とても美味しく頂きました。

ただ、次回はちょっと変わった料理法で試してみよっかな…[わーい(嬉しい顔)]


人気ブログランキングへ
nice!(52)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コナンスタンプラリーとレトロな青梅駅 [たえの日記]

只今、青梅線・中央線沿線にて2月18日[土)から3月26日(日)まで、
コナンスタンプラリーが開催されています。
3会期に分けられていて、会期ごとに5駅ゴールするとそれぞれの商品がもらえるのですが、
私はその第二期商品(ボックスティッシュ)がちょっぴり欲しかったので、スタンプ、押してきました[わーい(嬉しい顔)]

IMG_20170227_0004.jpgIMG_20170310_0001.jpg

私が行ったのは青梅駅、河辺(かべ)駅、拝島駅、立川駅、八王子駅の5駅。
ちなみに今年河辺駅は90周年、という事で記念台紙が発行されていました。
IMG_20170306_0001.jpgIMG_20170306_0002.jpg
そしてこちらは私が好きな青梅の駅。とってもレトロな雰囲気がある駅なので、写真を撮ってきました。
看板もちょっぴり古めかしい。
DSC_0300.JPGDSC_0301.JPG
雰囲気がある待合室
DSC_0298.JPGDSC_0299.JPG
DSC_0304.JPGDSC_0302.JPG
階段を下る所には・・
DSC_0293.JPG
階段下には昭和を思わせるこんな看板が・・
DSC_0296.JPGDSC_0294.JPG
改札口には赤塚不二夫のバカボンが逆立ちでお出迎えしてくれています。
DSC_0295.JPG
以前の記事でも紹介しましたが、青梅の街並みでは昭和レトロを存分に楽しむ事が出来ます。

さて、スタンプラリーの話題に戻りまして、実際押したスタンプともらった商品はこんな感じです。
IMG_20170311_0001.jpg
DSC_0321.JPG
なお、商品交換は、期間内の土・日・祝日、立川駅のみになっています。
各駅ごとにいったん改札を出なくてはならないのが、ちょっと交通費が重み、ネックな気がしました。
たしか、子供が小さい時行ったポケモンスタンプラリーは都内周遊券がありましたが、
今回そのような物はないようです。
ただ、千葉や茨城など、遠方からこちらに来られる方は、”休日お出かけパス”というのを利用すると、
かなりお得にはなるようですよ。
まあ、出来るだけお金のかからない方法で楽しめて、商品ゲットできるのが嬉しいですね^^

さらに東海道線・埼京線沿線では
3月1日(水)から31日(金)まで、ドラえもんスタンプラリーも開催中です。
こちらはちょっと遠くて私には回れませんが、ドラえもんのビニールペンケースなど、
又かわいらしい達成商品が貰えるようです。
IMG_20170301_0002.jpg











人気ブログランキングへ
nice!(46)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひなまつり [たえの日記]

3月3日ひなまつりの日。
我が家では娘がいないので、ひなまつりと言って以前から特に祝う訳でもないですが、
なんとなく、毎年ちらし寿司くらいは作って食べたいので、今年も作りました。
ハマグリのお吸い物もと、ちょっと思って値段を見たものの、かなりお高め。
なのでこちらは諦め、お吸い物の代わりににうどんにしました。
けれど代わりに飛び魚のあごだしを使用したので、とても深みのあるだしが出て、
おいしいうどんになりました。

DSC_0313.JPG
使用したあごだし
DSC_0308.JPG
パックになっていて茶碗蒸しや煮物など、広い用途に使えるのでとっても便利です^^



こちらは職場の人に頂いたひなあられ。
普段自分で買う事はしないので、とっても嬉しかったです^^
DSC_0305.JPG

さらに桜餅を購入し、甘酒を作り、桃の花を飾ってみたら、なんだか結局はひなまつりらしくなりました。
DSC_0307.JPG

DSC_0315.JPG













人気ブログランキングへ
nice!(61)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

目黒雅叙苑 百段雛祭り [たえの日記]

目黒雅叙園百段雛祭り、見に行ってきました。

DSC_0259.JPG
DSC_0260.JPG
正面入口にはさっそく雛山がお出迎え
DSC_0286.JPGDSC_0287.JPG
雛山・・・雛文化である宮崎県綾町独自の雛文化で、女性は山の神とされていて、
女の子が生まれると、親せきや近所の人々が木や花木を持ち寄り、
家の奥座敷に山の神が住む風景を再現したのが始まりとされている


その後、とってもゴージャスなエレベーターで3階に案内されました。

そしてそこには、福岡・柳川固有の雛のつるし飾り(さげもん)が。
なんでも吊るし雛の呼び方が、地域によって違う事は、昨年初めてひな祭り展(瑞穂)に行って
初めて知った事でしたが、そんな事がここにも書かれてありました。
DSC_0272.JPGDSC_0271.JPG
お雛様たち舟に乗っていて、とてもかわいかったです。
DSC_0269.JPGDSC_0270.JPGDSC_0268.JPG

この先中に入っていくと、百段(実際には九十九段)階段へと続きます。
百段階段とは、昭和10(1935)年に建てられた、元は料亭だった目黒叙々苑の
唯一残った木造建築の通称で、平成21(2009)年3月に、東京都有形文化財に指定されたそうです。
階段を、20段ぐらいごとに区切った所に間が設けられていて、その各所(7ヶ所)に、
今回は九州のお雛様たち(総数1000点超)が一同に展示されています。
雛飾りはもちろんの事、各部屋の天井や欄間には当時屈指の著名な画家が描き上げた絵画や
建築が美しく広がっていて、豪華絢爛な世界観を感じる事が出来ました。

しかしながら残念な事に、中は一切撮影禁止となっていました。
なのでこちらは今回の雛祭りに関する目黒雅叙園公式サイトからの引用になります。
1487826113059808808166.jpg
1487825605924145082977.jpg
1487826174983-1879067554.jpg

なお、百段階段がなぜ実際には99段なのか・・
1段は良いことを足すため、また奇数は縁起が良いから、とありました。
なるほど、3月3日(ひなまつり)・5月5日(子供の日)・7月7日(七夕)はすべて奇数ですね。
またひとつ、勉強にもなりました。
そして、、行く前には100段も階段を上るのか・・とちょっと不安にも思っていましたが、
休み休み部屋に入る事が出来たので、あっという間であり、何気に良い運動にもなりました。


その後は雅叙園内散策
まずは中庭に出て都会の空気を吸ってみたり
DSC_0276.JPGDSC_0274.JPG
園内では壁画がどうも気になり・・パチパチと撮ってみたりしました。
DSC_0265.JPGDSC_0266.JPGDSC_0267.JPG
DSC_0278.JPG
結婚式を主としている目黒雅叙園、ブライダルサロンには憧れるような素敵なドレスがありました。
DSC_0279.JPG

その後ランチのため、別館3階まで足を運び来たのがこちら結庵
DSC_0280.JPG
DSC_0285.JPG
店内は割と良い雰囲気
DSC_0281.JPG
私は鰤のポワレグルノブロワーズのセット(スープ・パン・デザート付き)を頂きました。
DSC_0282.JPG
DSC_0283.JPG
DSC_0284.JPG
こちらで1400円。欲を言えば、セットには飲み物も付けてくれると嬉しかったけれど、
料理は美味しく頂く事が出来ました。

ランチも食べて満足。
帰りはタイミングよく雅叙園から目黒駅まで無料送迎バスが出ていたので、それに乗車、
途中、桜で有名な目黒川を眺めながら帰宅の途に就きました。

IMG_20170223_0001.jpg
会期 2017年1月20(金)~3月12日(日)
場所 目黒雅叙園「百段階段」
































人気ブログランキングへ
nice!(60)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アロマのある生活 [たえの日記]

昨年十月ごろから始めたアロマテラピーの通信教育、昨年から少しずつ学習を進めてはいたものの、
今年は本腰を入れて学習しようと思います。

という事で、今日は日常生活の中でいろいろと香りを楽しむ方法を
紹介したいと思います。(なお、今回は教材に沿って作っています)


[ぴかぴか(新しい)]アロマオイル
アーモンドオイル30mlと、精油(ローズマリー、グレープフルーツ各3滴)を使用し、
混ぜ合わせて作ります。
DSC_0152.JPG
出来たのがこちら・・
DSC_0154.JPG
体や顔にマッサージしながら、香りを楽しむ事が出来ます。

[ぴかぴか(新しい)]アロマの石鹸
今回はラベンダーのドライハーブを利用しています。
石鹸素地150gとドライハーブ5g、精油3~5滴、熱湯20mlを合わせ、混ぜ合わせます。
DSC_0234.JPG
左が石鹸素地、右がハーブに熱湯を混ぜたもの

そして型に入れ、風通しの良い場所で4~5日乾燥させます。
DSC_0236.JPG
出来たのがこちら・・
DSC_0251.JPG
今の季節だったら、香りを楽しみながら、欠かさず手洗い・・
インフルエンザ予防もできるかもしれません。


また、気軽にアロマを楽しむ方法としてマグカップに精油を加えたり、
ハンカチやティシュに精油を垂らすほか、*ディフューザーやアロマライト等があります。
*ディフューザー
超音波の振動で発生させた水蒸気と共に香りを広げるタイプや、
ファンの風で香りを広げるタイプの芳香拡散器

今回私が利用しているのはアロマライトです。
[ぴかぴか(新しい)]アロマライト
DSC_0128.JPG
水を張った上皿に好きな精油を1~5滴落として香りを楽しみながらもリラックス効果を高め、
眠りにつく事が出来ます。
色々な香りがあるので、私は、その日の気分によって違う香りを楽しんでいます。
ちなみに、この中では私の好きな香りはペパーミントです。
DSC_0253.JPG



[ぴかぴか(新しい)]ハーブティ
ティーカップ1杯分に対してティースプーン山盛り1杯

・温めておいたティーポットにハーブ(ここではラベンダー)を入れる
・沸騰したての静かにポットにそそぐ
・蓋をして3~5分蒸らす

良い香りが漂う中、心がほっとするハーブティーの出来上がり[わーい(嬉しい顔)]
DSC_0249.JPG


ハーブティーを飲みながら”香り”をテーマにした四季の名歌・名句を詠んでみるのも良さそう・・
ゆったりとした気分に浸る事が出来そうです。
最後に香りをテーマにした四季の句を一句ずつ・・・

ー春-
片恋のわが世さみしくヒヤシンスうすむらさきににほひそめけり    芥川龍之介
ー夏ー
さつきあめ人なつかしい菖蒲湯や濡れては匂ふわが黒髪も    青山霞村
ー秋ー
蘭の香や異国のような三日の月     一茶
ー冬ー
柚子湯出て身伸ばし歩む夜道かな    杉田久女



このように、香りを楽しむには様々な方法があります。
皆様も是非、試してみては如何ですか・・・[ぴかぴか(新しい)]








人気ブログランキングへ
nice!(57)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

卵の移動販売車 [たえの日記]

皆様、こんな卵の移動販売車、見かけた事、ありますか?

IMG_20170210_0001.jpg
実際にはこんなデザインの車
MOV_0224_pict.jpg
そうなんです。「コケコッコ~・・ポン」そんなスピーカーからの呼びかけで移動しているらしく、
見かけたら、ふと足を止めてしまうか、追っかけてしまう?事かもしれません。

先日、旦那さんが仕事帰りに、その車を見かけたと言って、その呼びかけのマネをしていました。
私は、そんな移動販売車に出会ったことがなかったのですが、その物マネがとても面白くって、
実際に移動販売車を見たくなり、調べてみた所、店舗もあるというので、まずはそちらに
早速出向いてみました。

そんな呼びかけからは想像もできないような・・店舗は、以外にもかわいらしくお洒落なお店でした。
DSC_0165.JPG
たまご倶楽部
青梅市野上3-24-3
℡ 0428-20-0120
営業時間 AM10~PM6:30

DSC_0166.JPG
店内に入ると、卵や卵を利用した商品やスイーツやお菓子等が数多く・・
DSC_0156.JPGDSC_0159.JPG
かわいらしいディスプレイもしてありました。
DSC_0162.JPGDSC_0163.JPG
奥には”ふわふわダイニング”というかわいらしい名前の喫茶店が・・
DSC_0167.JPGDSC_0164.JPG
DSC_0161.JPG
中ではトーストやオムライス、卵ごはんが頂けるそうです^^
(ちなみに、卵ごはん定食には、黄身のコクを楽しむため、卵はふたつ付いているそうですよ)
IMG_20170207_0001.jpg


そして後日・・移動販売車に出会うため、事前に確認しておいた場所と時間に出向いてみました。
私が行った時には車が止まっていて、呼びかけが流れていなかったので、
店員さんにお願いして、1度だけ流して頂きました。
聞いてみると・・「コケコッコ~・・ポン」と確かに言っている・・・。
動画も撮影したのですが、ちょっとそちらはタイミングがずれてしまい、
悲しくも「~ッコ~」の最後の部分しか撮れていませんでした。
店員さんにすぐにスピーカーを「止めていいですか?」と言われてしまい、
もう一度お願いしますとはさすがに言えず・・。
しかしながら、車内は撮影させて頂き、
DSC_0228.JPGDSC_0226.JPG
店舗では卵とメレンゲを購入したので、移動販売ではプリンを購入しました。

ちょっと値段は高めですが、卵は普通のより黄身の濃度が高く、
白身は普通の卵の2倍程の弾力がありました。
なにしろ、飼料配分にも工夫された自社の養鶏場で採れた生みたての卵を販売しているようで、
メレンゲやプリンは、甘めではあるもの、味が濃厚・・
卵かけごはんでは、より新鮮味を感じながらとても美味しく頂く事が出来ました[わーい(嬉しい顔)]



掲載雑誌
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サライ 2015年6月号
価格:700円(税込、送料別) (2017/2/10時点)









人気ブログランキングへ
nice!(47)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感