So-net無料ブログ作成
検索選択

国際製菓専門学校文化祭 (立川高島屋でのパン、製菓販売) [たえの日記]

国際製菓専門学校文化祭の一環で毎年開催されている立川高島屋でのパン・製菓販売
今年も行ってきました。
正面入り口には、まず生徒さんたちが共同制作した作品・・
今年は「大熊猫」というタイトルの日中友好をテーマとしたかわいらしいオリジナル作品でした。

DSC_0217.JPGDSC_0215.JPG
そして店内にある様々な作品
DSC_0213.JPGDSC_0212.JPG
DSC_0205.JPGDSC_0211.JPG
マジパンの工程も書いてありました。
DSC_0209.JPGDSC_0210.JPG
本当に繊細に素敵に作られていて、どれも芸術品のようでした。

こちらはセルジュ・グランジュというショコラティエの作品です。
DSC_0203.JPGDSC_0204.JPG


販売しているものは、味もなかなかおいしいので、今年は昨年より多めに買ってきました。
DSC_0220.JPG
上から時計回りに、イギリスパン、チーズブレッド、洋菓子セット、ラスク(ガーリック)、
真ん中は和菓子セットです。

生徒さんたちによる、立川高島屋での、パン・製菓販売は
毎年、ほぼ2月の第一の土・日曜日に学校での文化祭と同時に開催されています。









人気ブログランキングへ
nice!(45)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高幡不動尊金剛寺節分祭・・立春 [たえの日記]

2月3日は節分・・という事で、高幡不動にある
高幡不動尊節分祭に行ってきました。
近頃では、地元の神社になった初詣も、7年程前までは、毎年初詣では
高幡不動尊・・なので久しぶりで、懐かしくもありました。
モノレールで高幡不動尊まで・・。
駅から徒歩で5分程です。モノレールが出来て、立川から行くには、便利になりました。
高幡不動参道を通り、1分ほどの所に高幡不動尊はあります。
DSC_0168.JPG
私は、最終・4時の会の豆まきに参加しようと行ったのですが、到着したのが45分ほど前と早く、
前回の豆まきがまだ終わっていなかったので、山門前でだいぶ待たされました。
DSC_0171.JPG
いざ、山門をくぐり、ワクワク感が高まってきました。
何せ、節分祭なるものに参加するのは初めてだったもので・・。
高幡不動尊で参加する芸能人はつのだひろ氏と東貴博氏。
DSC_0172.JPG
そして、開始時刻になると、参進と呼ばれる行列で僧侶や芸能人などがやってきました。
中でも、つのだひろさんはとても目立ちました。
DSC_0177.JPG
ミス日本「海の日」
DSC_0178.JPG
そして舞台上に揃った主役たち・・
ピーポー君やキュータ君
DSC_0180.JPGDSC_0186.JPG
キティちゃんも・・・
DSC_0185.JPG
とってもかわいかったです。
舞妓さんの姿も
DSC_0187.JPG
そして東氏(あずMAX)
DSC_0181.JPG
私は東氏の前の、かなり前列に並ぶ事が出来ました。


そして、いざ、豆まき開始・・。
いっせいに一粒一粒の豆が飛び交います。
まるで戦の始まりのようでした[がく~(落胆した顔)]
あずMAXの投げ方はまたパワーがあり、
取ろうとしてもなかなか取れず・・
それでも、私も豆を取るのと、除けるのとで、必死でした。
まさしく、鬼になった気分?
豆の威力はちょっと怖かったけれど、節分行事を強く味わえて、とても楽しかったですよ。
今回は初めてで、何も考えていませんでしたが、
次回、節分祭には、ゴーグルや紙袋が必要かもしれないことを学びました^^

結果、私は一粒も取れずでしたが、久しぶりに一緒に出掛けてくれた息子が3粒取ったので、
1粒分けてもらい、即、食べました。お陰でお利益ありそうです[わーい(嬉しい顔)]
1486177223353.jpg


帰り際には五重ノ塔
DSC_0192.JPG
土方歳三の像を見てきました。
DSC_0194.JPG
参考までにですが、五重ノ塔、普段は内覧できませんが、4月28日のみ内覧が可能だそうです。

そして、冷え切った体を温めるため、不動尊の前にある開運そばのお店へ。
DSC_0170.JPG
DSC_0196.JPG
落ち着く空間の店内で、温かくおいしい開運そばを頂き、体も芯から温まりました。
DSC_0197.JPG
ちなみに、ここは金運上昇の席でした。

最後に、参道では有名でおいしい甘栗をお土産に購入してから家路につきました。
DSC_0198.JPG


さて、今日は立春ですね。
立春は、本来の一年の始まりの日だそうです。
本来ならば、神社仏閣で配られる「立春大吉」や「一陽来福」のお札を玄関や家の出入り口に貼ると、
一年間災難に遭わないと言われているそうですが、私は昨日、高幡不動尊でお札を頂けるのか
確認せず帰ってきてしまいましたので、自分で筆ペンで書いて、玄関に貼っておきました。

DSC_0199.JPGNCM_0400.JPG






人気ブログランキングへ
nice!(44)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

運転免許書更新 [たえの日記]

今日は、運転免許書更新の為、立川まで出かけてきました。
嬉しい事に、今回は優良講習で、府中試験場まで時間とお金をかけて出かける必要もなく、
近隣の立川警察署で免許更新を行う事が出来ました。
(ちなみに、優良区分はたしか2回目ですが、警察署での免許更新は初めてです。)
DSC_0148.JPGDSC_0147.JPG
書類作成→視力検査→写真撮影→講習(30分)→免許交付と、本当に狭い場所の中で
短時間で行われるので、1時間もかからないうちに、免許を更新する事が出来ました。

講習では毎度の事ながら小冊子を頂き、実際の被害者の方のDVDを鑑賞。
DSC_0149.JPG
被害者の方たちのDVDを見ると、いたたまれない気持ちになってしまいます。
私も加害者や被害者になりうることを心がけながら、日々思いやりを持って
運転しなければいけない事を改めて感じさせられました。
ましてや、今やなくなる事のない飲酒運転・・・飲んだら飲まない、
これは、必ず守らなければいけないですね。

そして、ここ最近講習の際、自転車と歩行者の事故の話が必ず出されますが、
それはそういった事故が多く、多額な賠償金を請求される事例もあるからでしょう。
危険な運転をしている人はもちろんそれを改めるべきですが、
この頃は、スマホに夢中になって自転車の存在に気が付いていない歩行者もいますから、
自転車に乗る際にはさらに気をつけなくてはいけないと、私自身、感じています。

また、今日、教官が自転車の罰金額を話をされていたのですが、二人乗りの場合が2万円、
無灯火の場合は5万円との事ですので、これはかなりの痛い出費になってしまいますね。
まあ、二人乗り、なんて事は年柄ないですが、無灯火はうっかり・・なんて事がないように、
これまた気を付けたいと思いました。

さて、講習後にはゴールド免許を手にする事が出来ました。
やっぱり金[ぴかぴか(新しい)]は嬉しいものです。
そして免許証の写真も少し若返ってる気が…(これは気のせい?)
また5年間、無事故無違反でいられるよう、安全運転を心がけていきたいと思いました[わーい(嬉しい顔)]












人気ブログランキングへ
nice!(59)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

御利益参り・今日20日は大寒 [たえの日記]

今日は、先日御利益参りに行ってきた
新宿にある皆中稲荷神社と世田谷にある豪徳寺の記事になります。

神社とお寺、同日の日に行っても良いものか迷いながらも調べてみたら、
行くならば、上位である神様を先に参拝する方が良いとの事で、
まずは皆中稲荷神社から・・
DSC_0109.JPG
以前から行きたいと思っていて、息子の病院の帰り、
車でそばを通った事はあるものの、駐車場を探せず断念。
電車で行けば、新大久保から徒歩三十秒程、
駅前の地図にも載っていないほどの、小さな神社でした。
DSC_0110.JPG
DSC_0111.JPG
けれど、ここは賭け事に御利益があるという事で有名な神社
願いを込めて参拝を・・。

残念ながら、御朱印は1月いっぱいは頂けないという事でしたので、
また、御朱印は改めて頂きに来たいと思いました。

そして続くは豪徳寺。
こちらは、ブロガーさんの中でも何度か登場する神社。
一度行ってみたいと思っていたので、足を延ばしてみました。


駅前の商店街から、世田谷の住宅地を抜け、
そこは閑静な場所に鎮座。
DSC_0114.JPGDSC_0115.JPG
DSC_0116.JPG
招き猫たちも見てきました。
DSC_0117.JPG
DSC_0118.JPG
DSC_0119.JPG
社務所の前には大きな招き猫
DSC_0120.JPG
とってもかわいらしいです^^

社務所では、招き猫のご朱印帳を購入し、
DSC_0126.JPG
御朱印も頂いてきました。
DSC_0127.JPG
そして、我が家に連れて帰ってきた招き猫
DSC_0145.JPG
2017年、この招き猫ちゃん、どんな御利益をもたらしてくれるのでしょう[ぴかぴか(新しい)]



ところで、今日20日は大寒ですね。
寒気が一層強まる(最寒)時季だそうですが、クワイや海老イモなど
体を温める旬のものを食べると良いそうですよ。

お天気は全国的に雨や雪の予報・・
東京でも雪が降りそうですが、私は今夜、職場の人たちと新年会です^^
なので、かなりの防寒対策で出かけたいと思います。
どうぞ皆様も温かくしてお過ごしくださいね[わーい(嬉しい顔)]




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【1ケース】森永 甘酒 (190g*30本入)【同梱不可】【送料無料】
価格:2580円(税込、送料無料) (2017/1/20時点)



















人気ブログランキングへ
nice!(53)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どんど焼き  [たえの日記]

立川にある諏訪神社のどんど焼き、行ってきました。
随分前に、当神社で厄払いして頂いたお札、今年の正月飾りを持参、燃やして頂きました。
まずは神主さんが正式な儀式を行い、
それから火付け・・
火付けは恐らくですが、地元の方が行われていました。
DSC_0129.JPG
DSC_0130.JPGDSC_0132.JPG
この高く上る炎に乗って、お正月の神様は天に帰ると言われています。
DSC_0133.JPGDSC_0134.JPGDSC_0135.JPG
11日の鏡割り、15日の小正月を最後に、お正月は終了です。

神社のどんど焼きに行ったのは初めてでしたが、
神聖な儀式も良いものだと思いました。

そして、この機会に日本古来の風習やしきたりを見直しながら、1年間過ごしてみようかと・・
できるだけそうすることによって、今年一年、自分自身の心や体も整えてみたいと思いました。

こちらは神殿
DSC_0136.JPGDSC_0137.JPG
DSC_0138.JPGDSC_0139.JPG
お詣りをして、(竹にお餅を付けて焼いて食べる事はなかったですが)最後にはみかんを頂きました。
DSC_0140.JPG






人気ブログランキングへ
nice!(45)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

川瀬巴水展 [たえの日記]

職場の更新面接があり、立川まで行ったので、ついで高島屋まで足を運び、
現在開催されている川瀬 巴水(かわせ はすい)展、見に行ってきました。

ー川瀬巴水ー
大正時代に起こった浮世絵を再興する運動「新版画」の中心の一人であり、
葛飾北斎、歌川広重と並び称される絵師である。
日本中を巡りながら描かれた原風景はとても繊細で美しく、叙情豊かに表現されている。

今回高島屋では、「旅みやげ第一~三集」「東京十二題」「東京十二ヶ月」「東京二十景」
「東海道風景選集」「日本風景選集」などの中から、約140点余りが展示されています。


その中の数点、
「東京二十景」より
芝 増上寺
220px-Kawase_Zôjôji.jpg
(Wikipediaより)

「日本風景選集II関西篇」より
京都清水寺
IMG_20170111_0003.jpg

鶴岡八幡宮
IMG_20170111_0004.jpg

西伊豆木負
IMG_20170111_0006.jpg

ごく身近な場所や日本各地の様々な場所、巴水の画を見ていると、
あまりの鮮明さと繊細さに、なんだか実際にその場にいるかのような感覚にさえなる気がします。
そしてまた、そこに描かれた雪、夕暮れや影の描き方が本当に美しい作品の数々です。

IMG_20170111_0001.jpg
立川高島屋8階催会場にて
16日まで開催中です。
なお、入場料は一般は800円ですが、着物を着て来場の場合は無料になるそうです。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

川瀬巴水作品集 [ 川瀬巴水 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/1/11時点)
























人気ブログランキングへ
nice!(48)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

松の内までの料理 [たえの日記]

ここの所海釣りにはまっている旦那さん、先日(3日の日)も平塚に行って釣りをしてきて、
あじを10匹釣って来たので、それを調理しました。
DSC_0081.JPG
旦那さんには魚をおろしてもらい、私は骨抜きを・・そして出来た料理が
時計回りに、なめろう、お刺身、あらの味噌汁、塩焼きです^^

採れたてなので、身がぷりぷりして、どれも美味しかったです[わーい(嬉しい顔)]

ちなみに、旦那さんが平塚漁港でもらってきたシートです。
DSC_0090.JPG
こんなにもたくさんの魚がいるのにはびっくりです^^
魚たちがかわいくて、つい写真に撮ってしまいました・・。


そしてこちらは、後日(4日の日)実家に行って、食べたおでんです。
DSC_0087.JPG
5人だったにもかかわらず、この鍋の量が2回出てきたのでボリュームがありましたが、
美味しさにつられ、ついつい、いっぱい食べてしまいました。


そして、今日は1月7日という事で、関東では”松の内”になりますね。
そんな今朝は我が家でも七草粥を食べました。
旦那さんは今日から仕事始め・・。
私の中ではお正月気分も徐々に抜け、改めて、新たな一年が始まるといった感じです。
DSC_0098.JPGDSC_0096.JPG



















人気ブログランキングへ
nice!(47)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

酉年の初売り初詣で [たえの日記]

昨日、2日の日には、立川ルミネ初売りに出かけました。
DSC_0071.JPG

「ルミネ初売り 開店を待つ人々」
DSC_0069.JPGDSC_0067.JPG
立川駅前ではめったに見られない行列にびっくりしてしまいました。


初売りでは私は、昨年同様仕事場の人たちに配るお菓子を購入しました。
今年は日本橋長兵衛の”とり”の包装紙に包まれた練り菓子と、
桂新堂の招き猫柄おせんべいです^^
DSC_0073.JPG

そして午後からは初詣で。
こちらではお守りを購入しました。
今年の干支である”とり”のお守りです。
DSC_0079.JPG

今日で3が日も終わりですね。
酉年は、有効な情報を取り入れる年、一区切りつく上に運気を取り込める年、とあります。
何か自分なりに、実りある年にしたいです^^

皆様にとってもどうぞ実りある年でありますように[ぴかぴか(新しい)]


















[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お多福面 6個入
価格:1404円(税込、送料別) (2017/1/3時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お手作り 日本橋最中 8個入
価格:1458円(税込、送料別) (2017/1/3時点)












人気ブログランキングへ
nice!(49)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

謹賀新年 [たえの日記]

新年あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろとお世話になり、有難うございました。
今年もよろしくお願いいたします。

DSC_0042.JPG
元日は朝からイトーヨーカドーの500本抽選会、お正月らしい曲芸を楽しんできました。

升やリングなどの回し芸などの数々、
DSC_0054.JPGDSC_0049.JPG
細~い紐で上のお茶碗をも見事に操っています。
DSC_0058.JPGDSC_0060.JPG
最後に、お茶碗からは水しぶきと、花吹雪が綺麗に舞いました。[わーい(嬉しい顔)]
DSC_0060.JPG

獅子舞も登場しました。
獅子舞に頭を噛んでもらうと邪気を食べてしまうと言われていて、御利益があるそうですね。
DSC_0064.JPGDSC_0065.JPG

どうぞ、皆様にとって、今年一年良い年となりますように…。



人気ブログランキングへ
nice!(36)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画 海賊と呼ばれた男 [映画、ロケ地]

今年は例年より多く、映画館に足を運びました。
つい先日も今年最後の映画鑑賞をしてきましたので、
今年最後のブログは”映画 海賊と呼ばれた男”で締めたいと思います。

IMG_20161228_0001.jpg


ーSTORYー
1945年東京
B29の群れが上空を覆い尽くし、無数の焼夷弾が容赦なく降り注ぐ首都・東京。
迎撃に向かう夜間戦闘員「月光」。
しかし、奇数も少ない上に、燃料不足により上昇力も弱く、あえなく敵機に撃沈されてしまう。
その地獄のような光景を国岡鐡造(岡田准一)はただ見つめているしかなかった・・
8月15日、終戦。
その2日後、廃墟と化した銀座で奇跡的に焼け残った国岡商店本社に集まった定員たちを前に
鐡造の声が響いた。
「愚痴をやめよ。日本人がおる限りこの国は必ず再び立ち上がる。下を向いとー暇などない!」
そして最後に力強い口調で彼らに伝えた。
「心配ばすな。一人も首にはせん」
その眼にはかつて海賊と呼ばれた若き日の炎が宿っていたー。
(海賊と呼ばれたれた男パンフレットより)

この映画は、出光商会を創業し、北九州工業地帯、下関を中心に石油販売を開始させた
出光佐三、そして実際にあった事件をモデルとした物語です。
映画は、衝撃的にもB29が落とされるシーンから始まりましたが、
戦後の日本、そこから企業を立ち上げてゆくだけでも困難な中、何事にもめげず、這い上がろうとする
鐡造や店主達を描いたこの物語には、とても力強い男達の生き様を感じる事が出来ました。
また、どんな厳しい状況下にあっても、決して店員を一人も解顧しないなど、独特の経営手法を
とったという国岡鐡造、仕事に対し熱い情熱を持ちながらも、人情味のある経営者であったことが、
映画からはとても良く伝わってきました。



1912年(大正元年)関門海峡にて漁船用軽油の販売を開始
鐡造を先頭に店主たちと共に海上での軽油販売に向かう国岡商店
DSC_0039.JPG
石油の販売を禁止しているCHQや、石油配給統制会社社長 鳥川(国村準)と敵対しながらも
企業を拡大していた中、やがてアメリカ資本企業のメジャーも鐡造を警戒し、敵視するようになり、
その圧倒的な包囲網で国岡商店の石油輸入ルートはすべて封鎖されてしまう。
八方塞がりの状況の中、国岡商店の至宝である日承丸(実際名 日章丸)を、
イラン・アバダンに送ろうとしていた。
DSC_0037.JPG
イラン石油を輸入する事は、英国を完全に敵に回す事でもあった。
果たして日承丸は英国艦隊の目をかいくぐり無事日本に帰還する事が出来るのか…



原作 百田尚樹
監督 山崎貴

主演  岡田准一
     吉岡秀隆
     染谷将太
     綾瀬はるか
     近藤正臣  ほか



国岡商店社歌

荒波乗り越えて 舟をこぎ出せば
そこは同胞(はらから)集う 希望の地

常にその心に 荒ぶる波を
いにしえの海人の 生き様を

襲いかかる苦難に 流されても
再び陽が昇れば 我ら立ち上がる
たとえ一歩でも

前に進め

信じる同胞と 海へこぎ出せば
そこは心帰る 懐かしの地

荒波にもがけよ 心の海で
きっと切り開ける 明日へと









人気ブログランキングへ
nice!(39)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感