So-net無料ブログ作成

キジバトの巣ー2週間ー [たえの日記]

その後キジバトの様子、早朝1回は必ず観察。
10月6日
DSC_1024.JPG
この日の夜から激しい風雨に見舞われました。
巣が無事でいられるか、ちょっぴり気になってはいましたが
翌日の早朝も、雨に濡れながらも負けることなく卵を抱擁し続けていました。
10月7日
DSC_1025.JPG
そして来る日も来る日も向きが変わってはいるものの、ずっと抱擁する日が続き・・
10月10日
DSC_1026.JPG
絶えずいるのは一羽。けれど交替していないかのように見えていたキジバトも、
交代していたようで、裏の家ではキジバトが何度も行ったり来たりする様子を目撃していたらしいです。
そう言われてみればですが、その日によって愛らしく見えてみたり、
ちょっぴり汚れたキジバトに見えてみたりもしていたような気がします。
調べたものによると、抱卵は昼間は雄が、夜はメスが交替交替で行うそうです。
(季節によって異なるが、おおよそ午前8時前後と午後3時過ぎ)
そして、片親だけでは抱卵できない、あるいはする気がないそうです。
10月11日
DSC_1027.JPG

そして迎えた10月12日。
DSC_1030.JPG
早朝に見た時には、いつもと変わらず抱卵していたのですが、
それから4時間後。掃除の時に窓をふと開けてみると・・・
キジバトが居ないうえ、あると思っていたはずの卵がない・・・
DSC_1032.JPG
側にはおそらく初めの日に見たとても綺麗なキジバトが、緊張した面持ちで
だいぶ警戒して横目でこちらを見ていました。
DSC_1031.JPG
証拠写真は撮れなかったけれど、私が初めに確認できた卵は1つ(通常は2つ生むらしいです)
キジバトの鳴き声は一切しなかったものの、ここ数日他の鳥が来て、
何やら騒いでいた様子もあり・・目撃したわけではありませんが、もしかしたらこの4時間の間に
奴らに卵狙われちゃったのかな…と思います。

上の写真が私が見た最後のキジバトの姿・・その後キジバトは帰ってくる事も無くなってしまいました。

始めは糞害の事ばかりが気になりながらも、
仕方なく見守る事になってしまったキジバトだったのですが、
この二週間で自然界で暮らすキジバトの子育てのひたむきさを知り、
毎日観察していく中でなんだかちょっぴり愛着も生まれきていたので、
無事雛が生まれなかった事は正直寂しくもありました。
そんな思いから(旦那さんとも相談のうえ)その日のうちには巣を撤去できずにいたのですが、
その翌日にはやはり巣は撤去しました。

キジバトが去った日を境に冷たい雨・・
そして今日も東京は冷たい雨です。
当分、なんだかこんな日が続きそうですね。
みなさんもどうか風邪などひかぬよう、温かくしてお過ごしくださいね。








スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
タグ:キジバト
nice!(45)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 45

コメント 9

いっぷく

コメントありがとうございました。
味の民芸、たしかにうどんは美味しかったです。
値段高めでも続いているのは、根強いファンが
いるのかもしれませんね。
by いっぷく (2017-10-15 20:11) 

さる1号

定めとはいえ過酷ですね(-∧-)合掌・・・
雛の姿、見たかったですね
by さる1号 (2017-10-15 21:06) 

taekozue

いっぷくさん
たまに味の民芸のうどん、
食べたいなって思う事があります。
私も密かなるファンなのかな…
って思いました。
by taekozue (2017-10-16 08:40) 

taekozue

さる1号さん
本当に・・
見守るのであれば雛が巣立つまで見届けたかったです。
鳥(動物)たちの世界も厳しいものですね。
by taekozue (2017-10-16 08:53) 

ぼんぼちぼちぼち

雛がかえらなくて残念でやしたね。
ずっと観察してると情がわきやすよね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-10-16 21:47) 

taekozue

ぼんぼちぼちぼちさん
本当に、残念でした。
初めの想いとは裏腹で、情が湧いてしまって
自分でも複雑な思いでした・・。

by taekozue (2017-10-17 17:03) 

ぽちの輔

自然界での子育ては難しいですね。
温かく見守っていただき、ありがとうございました^^;
by ぽちの輔 (2017-10-20 05:52) 

taekozue

ぽちの輔さん
こちらこそ温かいお言葉をありがとうございました^^
自然界の厳しさこそ感じましたが、
温かい気持ちで見守る事が出来ました。
by taekozue (2017-10-20 08:44) 

あき

民主党政権の悪夢を繰り返さぬよう
初めまして、こちらのブログとは場違いな内容で恐縮ですが、今回は22日に行われる衆院選において、ブログ主様に一度目に入れて頂きたい事があり、失礼とは存じますが、書き込ませて頂きました。
こちらの成果を数字で見ても現政権を変えるべきと思うでしょうか
http://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/getthegear/entry-12317416701.html
国民として忘れてはならないのが2009年「一度やらせてみよう」と民主党政権が誕生しましたが、その3年間は公約をほぼ全て反故にし、80円株価8000円の超円高を進め、それにより多くの企業が倒産、失業者・自殺者が激増し日本経済は破綻寸前まで追い込まれた事は周知の通りです。
先日新たに結成した「希望の党」や「立憲民主党」(代表の枝野氏は犯罪集団革マル派から過去800万の献金を授受)はそのほとんどが看板を替えた民主党出身者です。
エスカレートする北朝鮮核危機を前に、すでにトランプ政権と信頼関係を確立した安倍自民党と、民主党の鞍替えである希望の党や立憲民主党のどちらに国の未来を託すかの選挙になると思います。
ブログ主様や皆様にも、是非投票によって、今回その大事な意志を示して頂けたらと思っております。
突然の書き込みと乱文、お詫び申し上げます。
by あき (2017-10-20 22:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。