So-net無料ブログ作成

青梅常保寺(節分限定御朱印を求めて) [たえの日記]

仕事帰り、ちょっと足を延ばして、青梅にある常保寺へ行ってきました。
DSC_2094.JPG
DSC_2096.JPG
お目当てはこれ。期間限定節分の御朱印。
DSC_2099.JPG
怖い鬼のイメ-ジとは違って、とても愛嬌のありそうな鬼さんです。
今回私が頂いたのはこちらの御朱印でしたが、
寺院では随時10種類の御朱印と40種類以上のはさみ紙が頂けるそうです。
はさみ紙
DSC_2117.JPG


境内には芭蕉塚
江戸時代、多摩川の景勝地として名高い常保寺に、芭蕉の弟子である中原章、小林天淵などの
青梅文化の基となった文化人が、作品作りの為集まったという由来からだそうです。
DSC_2100.JPG
石碑には芭蕉の弟子、杉山杉風(すぎやまさんぷう)が詠んだとされる
「玉川の水におぼれそおみなえし」という句が刻まれています。
墓石
DSC_2105.JPG
となりには猫招き地蔵がやさしく見守っているかのようでした。
DSC_2104.JPG

そして白滝不動尊なるもの。
DSC_2102.JPG
DSC_2103.JPG
白滝不動様、ちょっぴり覗き混むのが怖い感じでしたが、
幾多もの多摩川の水害から身を守るため祀られた水にまつわるお不動様であり、
戦後の頃には特に芸者衆などの水商売に携わる人が多く参拝したそうです。

御朱印を頂き、ちょっぴり昔に触れる事も出来ましたが、常保寺には今回私が見れずに帰ってきた
徳川家石灯篭や涅槃図(1月15日から2月15日の期間限定)もあるので、
是非また機会があれば足を運んでみたいと思います。


江戸時代には特に栄えたという青梅ですが、今では駅前もレトロ感が漂います。
DSC_2107.JPG
駅前の商店街も十数年前までははそれなりに賑わっていたのですが、
今やいくつもの店舗が閉店され手つかずのまま・・・とても寂しい街並みになっていました。




スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(44)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 44

コメント 8

Take-Zee

こんにちは!
いまや、各商店街も・・
こちら城ケ島も三崎もシャッターが閉じられた
お店ばかりが目立ちます。

by Take-Zee (2019-02-02 15:46) 

takenoko

青梅は我が家からは大変遠い所です。仕事帰りにちょっと足を延ばしてと言うところではないのが残念です。
by takenoko (2019-02-02 19:06) 

kazu-kun2626

鬼が笑っていて可愛い
御朱印ですね~
by kazu-kun2626 (2019-02-03 07:51) 

taekozue

Take-Zeeさん
こんにちは!
都会など、どんどんと栄える場所もあれば、
どんどんと寂れた感が強くなる場所もありますね。
by taekozue (2019-02-05 08:49) 

taekozue

takenokoさん
遠い場所へはなかなか行けませんね。
私は逆にtakenokoさんが常々足を運ばれている
鎌倉に行けないのが残念です。
by taekozue (2019-02-05 08:58) 

taekozue

kazu-kun2626さん
そうですね^^
頂いた私もさらに嬉しい気持ちになりました。

by taekozue (2019-02-05 09:07) 

hana2019

青梅駅は勿論、あちら方面へは一度も出かけたことがありません。
車で通りがかったことはあるかもしれませんけど。
駅前に限らず今や日本全国、どの個人商店も後継者がいない、営業が続けらなくて閉まっているところがほとんどですね。
それにしても、日本中を旅して歩いた松尾芭蕉と、その弟子たち!
その土地土地で、新たなインスピレーションがわくのでしょうか^^
by hana2019 (2019-02-05 09:54) 

taekozue

hana2019さん
青梅は東京でも田舎の方ですね。
都心からではだいぶ時間もかかってしまいます。
後継者がいない問題、これからは少子化も進むことから
この様な場所も増えていくのでしょうね。
松尾芭蕉とその弟子たち、その土地土地で新たな
インスピレーションが湧いてくる才能?なのでしょうか・・・。
by taekozue (2019-02-06 09:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。