So-net無料ブログ作成

生田緑地ばら苑 [たえの日記]

DSC_0130.JPGDSC_0129.JPG
5月23日、降り立った先は向ヶ丘遊園駅。
府中に住んでいた子供の頃、度々来ていた向ヶ丘遊園、
当時はモノレールが走っていた記憶が。
この日は駅からバスで5分ほど、
現在は閉鎖されてしまった向ヶ丘遊園ですが、
その一部は存続され、春と秋の2回公開されている、今回の目的地は生田緑地ばら苑です。
DSC_0131.JPG
看板が見えてからが、ちょっと大変な坂道と階段でしたが、
息を切らしながらも、10分ほどで登ることができました[わーい(嬉しい顔)]
(とは言いながら、途中ベンチで少し休憩しましたけどね…[ふらふら]
DSC_0132.JPGDSC_0133.JPG
DSC_0135.JPG
頑張って登り切った先には広大な多摩丘陵の眺めと美しいばら苑。
DSC_0139.JPGDSC_0142.JPG
春の生田緑地ばら苑では1.2hの苑内に、およそ800種3300株のばらが開花するそうです。
それも、ばらの育成管理は多くの市民ボランティアの方々により支えられ、
無料で開放されているのですから、とてもありがたく、嬉しいことですね。
開苑期間は26日までとあり、この日はほぼ満開にばらが咲き揃っていました。

大きなばらはとても存在があり綺麗でしたが
DSC_0150.JPGDSC_0152.JPG
DSC_0153.JPGDSC_0155.JPG
DSC_0157.JPGDSC_0158.JPG
小ぶりなばらもまたかわいらしかったです。
DSC_0146.JPG
DSC_0160.JPGDSC_0163.JPG
DSC_0159.JPG
DSC_0168.JPGDSC_0171.JPG
”ガーデン”を思わせる素敵な空間♪
DSC_0170.JPGDSC_0169.JPG
DSC_0173.JPGDSC_0175.JPG
赤やピンクのバラが多く咲く中、黄色いばらは一際目を魅きました。
DSC_0180.JPG
DSC_0182.JPG
今年は特に話題多き、ロイヤルコーナーもありました。
このばらは、イギリスの企業から上皇后美智子さまに献呈された”プリンセスミチコ”という
ばらだそうです。名前を聞くと、見た目以上に気品があるばらのような気がします。
DSC_0185.JPG

ここ生田緑地ばら園ならではの眺め・・・
DSC_0192.JPGDSC_0193.JPG
あまりの気持ち良さになんだか白鳥も、今にも飛び立ちそうでした。
DSC_0194.JPGDSC_0195.JPG
DSC_0200.JPG
この日は時間とともに気温も上昇し、暑くもなっては来ましたが、
とても広々とした懐かしくもある苑内で数時間、とっても柔らかな良いばらの香りに包まれて
素敵な時間を過ごすことができました[ぴかぴか(新しい)]

IMG_20190523_0002.jpg
  







スポンサードリンク


人気ブログランキングへ
nice!(54)  コメント(16) 
共通テーマ:日記・雑感